Xperia 10 IIIか?SD690搭載の新型Xperiaのコードが発見、初の5G対応ミッドレンジに

スポンサーリンク

Xperia 1 IIやXperia 5 II、Xperia 10 IIなど2020年のXperiaの購入を見送った、という方の中には2020年の次世代Xperiaが気になり始めている方も多いのではないでしょうか。

そんな中、クアルコムのミッドレンジ向け最新チップを搭載した新型Xperiaが発見された模様です。

これがなんのコードなのかは私にはさっぱり不明ですが、少なくとも赤枠で囲ったSM6350がクアルコムの5G通信対応最新ミッドレンジ向けチップ、Snapdragon 690の型番であることは確か。

なお、これはトラックレコードではかなり不正確な情報も多い人物からの情報なので、鵜呑みにはできません。が、少なくとも「本物っぽい」情報であることは確か。

また、本物であればタイミング的にはXperia 10 IIの後継機、Xperia 10 IIIのものである可能性が高そうです。

また、同氏は数週間前にはSD875を搭載したXperia 1 IIIの可能性が高し次期XperiaのコードもTwitter上に掲載しています。

ちなみに今のところ、ソニーの5G対応モデルはSD865搭載の新型Xperia 5 IIとXperia 1 IIのみで、今回の情報が本物であればこれがXperiaとしては最初の5G通信対応ミッドレンジXperia、ということになりそうです。

なお、このSnapdragon 690は600番台のSnapdragonとしては初の5G通信対応チップとなり、おそらく2021年の5G対応新型ミッドレンジでは主力チップになると予想されます。

また、国内でもすでに同チップを搭載したAQUOS sense 5Gがリリース予定となっています。

コメント

  1. より:

    あのあろーずでさえスナドラ765G搭載してるからなー
    あほーずのくせに

  2. ネギ抜き より:

    とにかくXpeliaのコンパクトを待ちます。
    最近のはデカ過ぎ!

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました