Xperia 10 II買うならこれ?国内最安5G対応スマホ、Xiaomi Mi 10 Lite XIG01のベンチマークが発見

スポンサーリンク
スポンサーリンク

auがキャリア版としては初めて取り扱うXiaomi製スマートフォン、Xiaomi Mi 10 Lite 5G。

SD765G搭載でスペックはミッドハイ、といった感じにも関わらず、価格はかなりリーズナブルに設定視されています。

ただ、このXiaomi Mi 10 Liteは春に発表されたものの発売は「9月以降」と事実上の「秋モデル」となりそう。

しかし今回、ようやくGeekbench上でベンチマークスコアが発見されました。

マルチコアのスコアは1800台後半と、SD765G搭載機としてはごく標準的。

それでもSD660搭載のXperia 10 IIなどは1300前後なので、これと比べると格段の性能差、といった感じです。

5G通信対応スマホでは最安値

なお、このXiaomi Mi 10 Liteは現行の5G対応モデルとしては最安値。

端末の一括価格は42,740円、かえトクプログラム適用時の実質負担金 29,900円(税込)となっています。

なお、SIMフリーではHUAWEI P40 lite 5Gが存在しますが、こちらはGoogleアプリやサービスが使えない「Googleなし」スマホ。

また、量販店などによっては値引きがされているようですが、一応の参考価格は43,780円とXaiomi Mi 10 Liteよりも高くなっています。

ちなみにここ数週間Androidスマホで売上トップを維持している(ドコモ版ですが)Xperia 10 IIのau版価格は49,990円。

これと比較するとかなり割安感があります。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました