ドコモ2021年新作として発表確実な3モデル – Xperia ACE II、AQUOS R6、arrows Be5

スポンサーリンク
スポンサーリンク

明後日、5月19日に正式発表されることが予告されているドコモの2021年夏モデル新作ラインナップ。

Xperia 1 IIIやXperia 10 III、Galaxy S21、Galaxy S21 Ultraといった「レギュラー目玉機種」がすでに発表/発売済みとなっているので、「発表会を開催してまで発表する機種」、というのは逆に気になるところ。

というわけで、これまでにすでにドコモが今回確実に発表すること判明している3モデルを紹介します。

AQUOS R6 SH-51B

このモデルは数週間前にGeekbench上でベンチマークスコアが発見
当時は機種名までは不明でしたが、例年のパターンからしてAQUOS R5Gの後継機種となることは確実視されていました。

また、ベンチスコア情報からCPUにはSnapdragon 888を、メモリは12GB RAMとなることも判明しています。

そして1週間ほど前に同モデルの実機画像とされる画像がリーク、AQUOS R6という機種名となることも判明しました。

また、画像からは背面に1インチクラス?の巨大カメラセンサーが搭載、そしてそのカメラにはLeicaが何らかの形で関わっていることも明らかになっています。

arrows Be5 F-41B

この機種は1週間ほど前に一気にECサイト上でケースが掲載されたことで存在が発覚。

F-41Bという型番からしてこのモデルが4Gモデルとなることは確実(5GならばF-51Bとなるはず)です。

ただ、各アクセサリーの販売ページに掲載されている画像はおそらく前モデル、arrows Be4のものだと思われ、外観についてはまだ不明です。

また、機種名からするとスペックはエントリーモデルとなる可能性が高いですが、詳細は不明です。

Xperia ACE II SO-41B

1月に有名リーカー、Oneleaks氏がレンダリング画像をリークした5.5インチのコンパクトXperia。

Xperiaとしては確か2機種目となるノッチ型ディスプレイを搭載した機種で、当時は機種名も不明でした。

しかし、1~2週間前よりいくつかのサードパーティーのケースメーカーから「Xperia ACE II」という名称でこのモデルのケースが販売。

そして当サイト独自ソースからこのモデルが少なくともドコモからSO-41Bとしてリリースされることが判明しました。

また、昨日にはXperiacheckにこの「ACE II SO-41B」が登場し、間接的ではありますが「公式」に存在が確認されました。

一方、このモデルも型番がSO-41Bであることから、arrows Be5同様に4Gモデル。
CPUは不明ですが、Xperia 10 IIIに搭載のSnapdragon 690ではないことが確実です。

なお、発表が確実なモデルは上の3モデルですが、これだけでは「発表会」と呼ぶにはあまりにもさみしすぎます。

よって、これら以外に少なくとも数機種は発表されることは確実。
これといった根拠があるわけではありませんが、個人的にはOppoやXiaomi、Realmeといった中国勢の機種をラインナップに加えるのでは?と推測(というより期待)しています。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました