Galaxy Note 21シリーズはやっぱりリリースされる?サムスン直営店の「柱」にヒント、Exynos 2200搭載か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの2021年次期モデル、と言えばGalaxy Z Fold 3やGalaxy Z Flip 3といったフォルダブルが話題の中心。

一方、今年は例年ならば晩夏から秋にかけてリリースされるはずのGalaxy Note 21シリーズがキャンセルされた、と言われています。

しかし今回、この情報を覆す可能性のある興味深い新情報がでてきました。

これはTwitterユーザーが投稿していたもので、画像は昨日オープンしたばかり(場所は不明)のサムスン直営店の柱に施されている彫刻とのこと。

拡大してみると:

ご覧のように「(Galaxy)Note 21 5G」、そして「Galaxy Note 21 Ultra 5G」というレリーフ文字が確認できます。

つまり、2021年にGalaxy Note 21シリーズがリリースされる可能性はまだある、ということに。

一方、3月にはサムスンの幹部が決算において今年はチップ不足によりGalaxy Noteシリーズのリリースを見送る可能性があるというコメントをしています。

これは一応公式情報なので、信ぴょう性は高いのですが、確かに「可能性がある」と言っているだけなので、確定情報とは言えません。

よって、この報道後に情勢が変わり、Galaxy Note 21シリーズ向けのチップの確保ができた、と言う可能性も。

一方で、この店舗のこの「柱」を作っている時点ではまだNote 21シリーズのキャンセルは決まっていなかっただけ、という可能性も。

そういえば、数日前にはサムスンが近々最新チップ、Exynos 2200を発表するという報道がありました。

サムスンの最新チップ「Exynos 2200」は2021年Q2に発表、Galaxy Z Fold 3に初搭載か?
サムスンが近々、ハイエンド向けの新型チップを発表するようです。韓国メディアのTHE KOREA ECONOMIC DAILYが独自ソースから得た情報として伝えたところによると、サムスンは今年の第2四半期中にノートパソコンおよびフラッグシップ

ひょっとすると、このGalaxy Note 21シリーズは前モデルでこのExynos 2200を搭載してリリース、という可能性もありそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました