「スナドラ」チップ、2021年はExynosに完敗か-SD888/SD775 vs Exynos 2100/1080

スポンサーリンク

クアルコムの最新ハイエンド向けチップ、Snapdragon 888。

昨日発表されたXiaomi Mi 11やGalaxy S21シリーズ、次期XperiaフラッグシップのXperia 1 IIIなどに搭載される予定となっています。

一方、このライバルチップとされるのがサムスンのExynos 2100。
一部の国・地域でリリースされるGalaxy S21シリーズに搭載され、その性能は数年ぶりに同世代のSnapdragon 800番台と互角、あるいはそれ以上になると言われています。

一方、サムスンはアッパーミドルレンジ向けにもう一つ、Exynos 1080を発表済みで、同チップはすでにVivo X60に搭載されることが確定しています。

このチップはクアルコムのSD765/765G後継チップ、SD775のライバルチップという位置づけになるといわれています。

そんなSnapdragon 888とExynos 2100、Snapdragon 775とExynos 1080ですが、今回これらのチップのAntutuベンチマークにおけるベンチマークスコアを比較した興味深い情報がTwitter上で見つかりました。

SD888はExynos 2100に、SD775はExynos 1080に完敗?

今回の情報によると、Exynos 2100、Snapdragon 888、Exynos 1080、Snapdragon 775の各チップのAntutuベンチマークスコアは:

・Exynos 2100: 80万ポイント以上

・Snapdragon 888: 73.5万ポイント

・Exynos 1080: 70.5万ポイント

・Snapdragon 775: 53万ポイント

になるとのこと。

つまり、Exynos 2100のAntutuベンチマーク上での性能はSnapdragon 888より1割近く上、ということに。

また、Exynos 1080とSnapdragon 775の差はさらに大きく、3割以上の性能差があるということになります。

Snapdragon 888のベンチマークスコアがミドルハイ向けのExynos 1080の方に近い、というのはかなり意外です。

なお、以下は現時点で見つかっているSnapdragon 888搭載モデルのベンチマークスコアとExynos 2100搭載のGalaxy S21シリーズのベンチマークスコア。

Exynos 2100↓

Snapdragon 888↓

これらを見比べると確かに平均で1割くらいのスコア差があるので、今回の情報と整合性はあります。

ただ、SD888搭載1番乗りとなるXiaomi Mi 11のスコアを見ると↓

また、Xiaomiは同モデルの発表前に「公式スコア」も明らかにしています。

このXiaomi Mi 11のベンチマークスコアを見る限り、SD888とExynos2100は互角と言った感じです。

ひょっとして、Xiaomi Mi 11にはCPU以外にもベンチマークを上げる特別な仕様があるのでしょうか。

それとも中国製スマートフォンでは珍しくないベンチマークテストのスコアを「水増し」するモードが搭載されているのでしょうか。

コメント

  1. より:

    サムスンのベンチマーク、ベンチマーク仕様じゃないですか?
    スナップドラゴンに勝ちたいが故に、それだけに注力しても、ここまで来たら結局トータルバランスだと思います。

    話は変わりますが、新しいギャラクシーs21シリーズの全体のスペックにはがっかりです。
    デザインもですが。

    s21はs10に比べて重いし、SDカードスロットもない。

    サムスン、迷走してますね。

    s21シリーズ、欲しいとは思いません。
    終わってる。

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました