Google Pixel 4aの価格が判明、屋外広告の看板?のレンダリング画像がリーク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleの新型Pixel、Pixel 4a。

Pixel 4シリーズの廉価版として今春に発表・リリースされる可能性が高く、すでに鮮明なレンダリング画像がリーク済み、そして先日には実機とされる画像もリークされていました。

そして今回、このPixel 4aの「公式看板」とされる画像がリーク、これから公式な価格も判明した模様です。

この画像からわかる点として、まずこのPixel 4aには少なくともブラックとホワイトの2色が存在する、という点。

そして価格は399米ドルから、ということなので、これは前モデルのPixel 3aと同じ価格です。

ただ、この画像、見るからに合成写真のように見え、普段ならば「フェイク」で片づけられるような画像です。

ただ、重要なのはこの画像をリークしているのが超有名リーカーのEvan Blass氏という点。

同氏がフェイクの情報を自らをソースとして発信するとは考えにくいので、画像自体は合成であっても、実際の看板設置の際のシミュレーションといった、何らかの公式なものという可能性が高そうです。

なお、このPixel 4aのスペックですが、今のところ判明しているのはディスプレイは5.8インチのFHD+、バッテリー容量は3080mAh、メモリは6GB RAM、ストレージは64GB、CPUはSnapdragon 730といったところです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました