Xperia 5とXperia 1の隠れた違いは「Gレンズ」、日本版は両モデル非採用か

スポンサーリンク

2019年のXperiaフラッグシップモデル、Xperia 5およびXperia 1。

ご存知のように、Xperia 5はXperia 1の「小型版」という位置づけで、大きなスペックの違いはありません。

一方でXperia 1とXperia 5、端末サイズや画面サイズ/解像度、バッテリー容量以外のハード的な違いとして唯一挙げられるのがメインセンサー。

Xperia 1の標準カメラがメモリ積層型ですが、Xperia 5にはDRAMチップ(メモリー)が搭載されていません。

しかし今回、他にもリリース当初には明らかにされていなかったカメラ周りの違いがある可能性が発見されました。

ESATO上のユーザーが発見したもので、Xperia 1とXperia 5のグローバル版公式スペックページをみると、Xperia 1にはG lensが搭載、Xperia 5にはその記載がないことが判明。

Xperia 1↓

Xperia 5↓

ご覧のようにXperia 5の方には「G lens」の記載がありません。

ただ、Xperia 5の方には他にも記載されていない仕様があるようなので、単に未記載という可能性も皆無ではありません。

Xperia 1のリリース当初は公式スペック表にもこの「Gレンズ」の記載はなく、Xperia 1以降のXperiaでは非採用となった、という見方が大勢となっていました。

Xperia 1以降の新型Xperia、Gレンズ採用を正式に廃止の模様
ソニーモバイルの新型Xperiaフラッグシップ、Xperia 1。ドコモ、au、ソフトバンクの夏モデルとしてリリースされた国内版も久しぶりのヒットといった感じで、分離プランによる実質価格の大幅アップにも関わらずかなり好調な売れ行きといった感

が、その後どこかの時点でXperia 1にはこの「Gレンズ」表記が追加された、ということに。

また、ドイツや台湾の公式ページも同じくXperia 1はGレンズ搭載、Xperia 5には非搭載という表記となっています。

一方、気になるのは国内版Xperia 5およびXperia 1。

Xperia 1↓

Xperia 5↓

スペック表を見る限り、Xperia 1もXperia 5もGレンズ非搭載、となっています。

よって、もしこれらのスペック表がすべて正確なものだとすると:

海外版→Xperia 1はGレンズ搭載、Xperia 5は非搭載
国内版→Xperia 1もXperia 5もGレンズ非搭載

ということになります。

ご存知のように国内版Xperia 1/5は搭載ストレージが64GB(海外版は128GB)というスペックダウンがされていますが、ひょっとするとカメラ周りも目立たないところでコストダウンが行われているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました