Xperia 5 II/1 IIのHSパワーコントロールはAndroid 11で「ネイティブ設定」になる可能性

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年の新型Xperiaフラッグシップ、と言えばXperia 1 IIおよびXperia 5 II

これらのモデルで搭載された新機能の一つがバッテリーを介さずに電源供給をすることでバッテリーの発熱・劣化を防ぐ「HSパワーコントロール」です。

同機能については先日、Googleマップなどでも使用可能、という件についてお伝えしました。

そして今回、この情報が投稿されていたReddit上のスレッドに非常に興味深い情報が追加投稿されていました。

found this on weibo, and should be taken with a grain of salt but if true, GREAT!

HSPC將在不久的將來進行擴展,並且可能會成為本機環境的一部分,也許會與Android 11一起使

It says HS power control can become a part of setting with Android 11.
I think this means if it’s turned on, the feature works with all apps, even with home screen.

これによると、HSパワーコントロール(HSPS)は近い将来、ネイティブの設定の一部となり、これはAndroid 11へのアップデートで実現するかもしれない、とのこと。

なお、今のところWeibo上でこの投稿は確認できておらず、ソースの信頼性を推し量ることはできません。よって、現時点では噂レベルの情報として受け取っておくことをおすすします。

ご存知のように、このHSパワーコントロールが使用できるアプリはゲームアプリやその他一部のアプリに限られています。

一方、これが「ネイティブ設定」の一部になる、ということはおそらく設定アプリから有効・無効化が可能な設定の一部となり、アプリごとではなくシステム全体に適用される機能になる、という事ではないかと思われます。

ちなみにXperiaに限らず、基本的にスマートフォンではバッテリーの劣化を防ぐと言った理由から充電をしながらの使用は推奨されていません。

しかし、もしこのHSパワーコントロールが端末全体に適用されるのであれば、電源がある場所であれば常に同機能を使った方がバッテリーにも良い、ということになり、逆に推奨される使用方法、ということに。事実であればこれはかなり便利な機能となりそうです。

コメント

  1. ケン より:

    HSパワーコントロールはハードとしての対応が必要だろうと思います。
    おそらく、バッテリーを通らずに、直接基盤に電力を送る配線(回路)が必要だったと思います。そうした配線を持たない機種のほうが多いのでは?
    ハードが非対応だから使えないという状況もありそうに思います。

  2. 林檎ちゃん より:

    まー、それはさすがにないな
    メーカーとしてはどんどん新しいの買ってほしいだろうし、泥なんて頑張っても2、3年が関の山なんだから

    寧ろ一回の充電でゲームガチっても持つようにするのが先決やろ
    電池持たないペリアじゃまあゲーミングスマホにはなれん
    泥はゲームラグるしやっぱアイフォンやなw

タイトルとURLをコピーしました