Xperia 5 IIの国内SIMフリー版、12GB RAM+Android 11でリリース間近か

スポンサーリンク

ソニーモバイルの新型Xperia、と言えばXperia 5 II

ソニー初の120Hz表示対応でドコモ版SO-52Aも来週12日にようやくリリースとなり、これで3キャリアから勢ぞろい、ということになります。

このXperia 5 II、以前より国内ユーザーからはSIMフリーモデルのリリースを待ち望む声が多く上がっていますが、今のところその具体的なリリース予定などについては不明。

そんな中、この国内向けSIMフリー版Xperia 5 IIと思われるモデルのスクリーンショットが発見されました。

Reddit上のXperiaセクションにと投稿されていたもの。

Geekbenchのベンチマークスコア比較画面のスクリーンショットだと思われ、XQ-AS42という型番になっています。

Xperia 5 IIの海外版の型番はXQ-AS52、XQ-AS62、XQ-AS72などなので、XQ-AS42もXperia 5 IIのバリエーションであることは確か。

そして隣に比較対象として掲載されているXQ-AT42はXperia 1 IIの国内向けSIMフリー版もの。

よって、この下二桁目の「4」は国内向けSIMフリー版を表している可能性が高い、ということになります。

また、このXQ-AS42は搭載メモリが12GB RAMとなっており、Xperia 1 IIの国内SIMフリー版同様に12B RAM搭載という可能性も。

さらに興味深いのは搭載OSがAndroid 11となっている点。
ひょっとするこれが実際に国内向けXperia 5 IIだとすると、デフォルトでAndroid 11を搭載してリリース、という可能性もありそうです。

なお、XperiaのAndroid 11は先日ドコモが同キャリアのアップデート対象機種を発表。

ただ、まだ具体的なアップデート時期については不明です。

ベンチマークスコアのスクリーンショットが発見されました。

コメント

  1. より:

    初期で11なら、最大13までアプデ可能だとしたら2度アプデされるのか

タイトルとURLをコピーしました