次期Xperia、2021年からラインナップが高・中・低の「1x1x1」に簡素化?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの2020年後半の新型Xperiaモデル、と言えばXperia 5 II

また、この他にも新型ミッドレンジの存在が噂されていますが、これについては詳細はまだほとんど不明といった感じです。

そんな2020年モデルですらまだはっきりとしない状況のなか、今回、2021年の次世代Xperiaのラインナップについて新情報が投稿されていました。

Weiboの投稿ですが、いつも通り、このユーザーからの情報は噂程度に受け止めるとをお勧めします。

次世代Xperiaはハイエンド、ミッドレンジ、エントリーモデルの3モデルのみ?

内容としては:

2021年のXperia製品ラインナップはシンプルになる。
Xperiaは3モデルだけの模様:

ハイエンド x 1
・ミッドレンジ x1
・エントリーモデル x 1

前モデルとも5G通信対応

ご存知のように昨年のXperiaフラッグシップはXperia 1とXperia 5、今年もXperia 1 IIとおそらくXperia 5 IIがリリースされることはほぼ確実。

また、XZ時代もその前も、ソニーモバイルは1年間に最低でも2機種はフラッグシップ・ハイエンドモデルをリリースしてきました。

一方、来年以降はフラッグシップが1モデルに絞られるとのことなので、これまでのXperiaラインナップで考えると:

2021年の次期Xperiaラインナップ?

Xperia 1 III
Xperia 10 III
Xperia L5

ということに。

もちろんXperia 1シリーズが廃止されXperia 5シリーズが残るという可能性もゼロではありませんが、「1」シリーズのないXperiaというのはいささか不自然。

もしくはXperia 1 IIIをフラッグシップ、Xperia 5 IIIをミッドレンジ、Xperia 10 IIIをエントリーモデルという位置づけにする可能性もありそうです。

そういえばかなり前ですが、ソニーはの2020Q2決算発表の中で、ここから先1~2年は今よりさらにハイエンドからミッドレンジへの移行が進む、といった趣旨のコメントをしていました。

そう考えるとXperia 5 IIIを主力のミッドレンジフラッグシップに据え、その上下にハイエンドとローエンドを展開する、というのは悪くないアイデアのような気もします。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました