次期 Xperia 5 IIの外観はさらに「角ばった」デザインに、それ以外はXperia 1 IIと同じ、スペックは若干進化?

スポンサーリンク

ソニーモバイルの2020年後半フラッグシップ、と言えばXperia 1 IIの小型モデルでXperia 5の後継機となる通称「Xperia 5 II」。

すでに発見されているOEM IDの数から国内キャリアを含めたグローバル展開されることは間違いなさそうですが、それ以外には信頼性の高い情報はまだあまり出てきていない状態。

そんな中、このXperia 5 IIの外観について興味深い情報が見つかりました。

RedditのSONYセクションに投稿されていたもの。

内容としては:

次期Xperiaのプロトタイプを見たという人物によると、この新型XperiaのデザインはXperia 1 IIよりも角ばったデザインになるとのこと。ただ、カメラの位置やイヤフォンジャックの位置といった他の点はすべて同じスペックについてはXperia 1 IIよりも若干進化する

何かのチャットアプリからのスクリーンショットのように見えますが、はっきりとしたソースは不明。
よって、噂レベル、鵜呑みにはしない方が良い情報だと思います。

なお、Xperia 1 IIはすでにXperia 1よりもかなり角ばったデザインになっています。

が、今回の情報によるとXperia 5 IIはXperia 1 IIよりも「さらに」角ばったデザインに、ということなので、ちょっと想像がつきにくい部分も。

また一口に「角ばっている」といっても端末の四隅が角ばっている場合もあれば、フロント・リアパネルと側面フレームの角が角ばっている、という場合も。

いずれにせよ、iPhone 12然り、スマートフォンのデザインはここ最近また角ばったデザインに回帰しているような雰囲気もあります。

なお、その他の部分についてはほとんどデザインに変化はない模様。
ただ、スペックについては若干進化する、とのことなので、やはりSD865+の採用、でしょうか。

そういえば、昨年のXperia 5は確か6月中にはすでにOnleaks氏からの外観レンダリング画像がリークされていましたが、今年はすでに8月だと言うのにまだその気配するらない状態。

セキュリティーが厳しいのか、それとも開発自体が遅れている、という可能性もありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました