サムスン第三のフォルダブル、Galaxy Z Fold Tabのレンダリング画像

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンのフォルダブル・スマートフォンと言えば、横開きタイプのGalaxy Z Fold、そして縦開きのGalaxy Z Flip。それぞれ、夏ごろには最新モデル、Galaxy Z Fold 3、そしてGalaxy Z Flip 3としてリリースされることが確実となっています。

しかし今回、サムスンがこれらとは異なる構造の第三のフォルダブル、「Galaxy Z Fold Tab」を開発中、そのレンダリング画像が掲載されていました。

LETSGODIGITALによるもの。

ご覧のように、開いた状態では普通のタブレット、といった感じのサイズですが、ディスプレイは両サイド1/4くらいが裏面に折れ曲がるようになっています。

畳むと普通のスマートフォンくらいのサイズになるようで、S-penにも対応している模様。

そしてそのSペンは画面を閉じた際の裏面の画面と画面の間に収納する模様です。

なお、今回のイラストは世界知的所有権機関(WIPO)から見つかった資料と基にしたものらしく、これによるとこのGalaxy Z Fold Tabの画面サイズは7.4インチとのことです。

ソース

ドコモのAQUOS sense4 SH-41Aが事実上の販売終了の模様、ブラックとシルバーの在庫限りか
ドコモが取り扱う2020-2021年冬春モデルの一つ、AQUOS sense4 SH-41A。この人気ミッドレンジモデルが早くも事実上の「販売終了」あるいは「販売終了間近」となっているようです。以下はドコモの店舗購入の予約ページからのもの。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました