motog g9が正式発表、SD662搭載で価格は約1.6万円に

スポンサーリンク

モトローラの2020年版ミッドレンジ、moto g9が正式発表されました。

今回発表されたのはインド版で、同国での発売は8月31日からとのこと。

moto g9のスペック

・ディスプレイ:6.5インチ、1600 x 720p (HD+)、LCD、20:9

・CPU:Snapdragon 662

・OS:Android 10

・メモリ:4GB RAM

・ストレージ容量:64GB

・microSDカード:最大512GB

・SIMカード:ハイブリッドスロット

・メインカメラ:48MP+2MP+2MP

・フロントカメラ:8MP

・イヤフォンジャック:あり

・バッテリー容量:5000mAh

・サイズ:165.21 x 75.73 x 9.18 mm

・重量:200g

このmoto g9に搭載のチップ、SD662は今年初めに正式発表されたもので、SD665などと比べると比較的レア。

クロックスピードなど基本的な性能はSD665に近いですが、GPUがSD665よりもワンランク下となっています。

つまり、このmoto g9はSD665搭載のmoto g8やg7など、今までミッドレンジど真ん中といった感じだった過去機種よりも1ランクローエンド側にスペックを落とした感じ

ただ、それは価格にも反映されており、同国での価格は約1.6万円とかなり安くなっています。

また、これまでのパターン通りならばこのmoto g9も日本でリリースされるはず。
インドと同価格になるとは思えませんが、おそらく1.8~2万円程度とg8と比べて1~2割は安くなるはずです。

追記:

インド版moto g9は他地域ではmoto g9 playに

このインド版のmoto g9ですが、どうやらヨーロッパなどの他の国・地域ではmoto g9 playとして展開される模様。

通常「play」シリーズは無印や「plus」版よりも性能の低いチップが搭載されます。

よって、インド以外でのmoto g 9についてはSD662以上のチップが搭載、ということになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました