SD690搭載の新型Xperiaのベンチマークスコアが発見、Xperia 10 II Plus?それともXperia 8 II?

スポンサーリンク

ソニーの2020年モデル、といえばXperia 1 IIやXperia 10 II、Xperia L4の3モデル。

これ以外にもXperia 5 IIに該当すると思われるモデルのOEM IDはすでにソニーのサーバー上で確認されています。

一方、昨年のXperiaでまだ「後継機」が出ていないのはXperia 10 Plus。

そんな中、このXperia 10 Plusの後継機、 Xperia 10 Plus II (もしくはXperia 10 II Plus) に該当する可能性のある新型XperiaのベンチマークスコアがGeekbench上で発見された模様です。

これ、XperiaBlogのコメント欄に投稿されていたもので、直接Geekbench上では存在は確認できていません。よって、フェイクである可能性もあることはご留意ください。

一方、「本物」だとするといくつか興味深い点があります。

まず、モデル名の「SONY XQ Nairo」の「XQ」ですが、これは今年から変更されたXperiaの型番の最初の2文字ではないかと思われます。(例:Xperia 1 II=XQ-AT51)

そして機種名とMotherboardの部分にある「Nairo」。
今までXperia 10 II Plusに搭載される可能性が噂されていたSD765/SD765Gのコード名は「lito」です。

一方、先日、moto 5G plusのベンチマークスコアが発見され、このmotherboardに記載されていたのが「nairo」。


そしてこの「nairo」はクアルコムの最新ミッドレンジ向け5G通信対応チップ、Snapdragon 690のものである可能性が高いとのこと。

SD690は先日正式発表された際に同チップを搭載する機種をリリースする予定のメーカーも数社明らかにされ、その中にSharpもありました。

よって、同チップが今秋冬にリリースされるであろうAQUOS sense4などに搭載される可能性はかなり高いと思われます。(一方、クアルコムがこの際に挙げたメーカーの中にSONYの名前はありませんでした。)

なお、一部では今秋冬には国内限定の新型Xperiaがリリースされるという噂もあるので、この「SONY XQ Nairo」、実在するとしてもXperia AceやXperia 8といった昨年のモデルの後継機、という可能性もありそうです。

モトローラー、新型2モデルのリリースを予告、「moto g8 play」と「moto g8 power lite」
Lenovo傘下のモトローラが国内で近々新機種2モデルを投入するようです。同社のFacebook公式アカウントに投稿されていたもの。この夏中にリリースとのことなので、8月中、ということに。となると2週間以内には発売されそうです。また、ヒント

コメント

  1. ななしさん より:

    10II買ったやつ涙目やん

  2. 匿名 より:

    いや涙目かも知れないけど…
    10ⅡPLUS待ちだった人からすれば765載せないのかよって感じでそれはそれで涙目なのでは
    やっぱミドルレンジでもずっと周回遅れなんですねって
    まぁXperia関連の情報なんて当たった試し無いからどうせコレも外れてるんだろうけど

    • a より:

      ま、ペリアに限らず国産なんて常に周回遅れだけどな
      2019年に堂々と630、2020年にやっと665乗せるような国やぞ
      今時450を使い回してる奴も居るしな

      • 焼豆腐。 より:

        国産メーカーはメモリとかCPUとかケチらないと安く売れないから
        スナドラ630のアクオスセンス3でさえ頑張っても3万だし

タイトルとURLをコピーしました