Snapdragon 888の「Pro版」か?最大クロック周波数3.0Ghzのアップグレード版、のベンチマークが発見

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クアルコムの最新ハイエンド向けチップ、Snapdragon 888。

Xperia 1 III/5 IIIやGalaxy S21シリーズ、Oppo FInd X3 Pro、AQUOS R6など、すでに国内でも同チップセットを搭載した複数の機種がリリース予定、あるいはリリース済みとなっています。

そして今回、そんなSnapdragon 888のアップグレード版、通称「Snapdragon 888 Pro」のものと思われるチップがGeekbench上で発見されました。

クアルコムのリファレンス機からのものと思われ、注目すべきはCPUコアのクロック周波数。

ご覧のように最大クロックスピードが3.00 GHzとなっています。

一方、レギュラーのSnapdragon 888のスペック上の最大クロックスピードは2.84 GHz。

以下はドコモ版Xperia 1 III、SO-51Bのベンチマークスコアですが、ご覧のように最大クロックスピードはスペック通りの2.84GHzとなっており、当然これは他のSD888搭載機種も同様です。

ちなみにこのアップグレード版SD888のベンチマークスコア自体は約3700で、これはSD888と比べると高めではありますが、SD888でも3700以上のスコアは複数でており、特別高いスコアではありません。

また、今年のSnapdragon 888のアップグレード版はSnapdragon 888 「Plus」ではなく「Pro」という名称になるとも言われており、もっとも最近情報では7月中にも発表されると言われています。

よって、そのタイミングからしてこの「Snapdragon 888 Pro」はサムスンの最新フォルダブル、Galaxy Z Fold 3に初搭載されるのでは?とも推測されています。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました