Pixel 4aの発売日が1か月以上「再延期」、7月中旬以降に。カラーは「Just Black」と「Barely Blue」の2色

Googleの新型ミッドレンジPixel、Pixel 4a

Pixel初のパンチホール型ディスプレイを搭載し、価格も349ドル~と前モデルより低価格に。

未発表ながら結構注目度は高いと言う印象のこのPixel 4aですが、ちょっと気になる発売延期の情報が「また」でてきました。

今回の情報によると、Pixel 4aの現在の発表は7月13日に。
元々5月に予定されていたものが6月に、そして今回7月に再延期された
とのことです。

ただ、製品そのものの出荷準備はすでにできているようで、今回の決定は市場の状況によるものとのこと。
要は延期の理由はハードやソフトの開発の遅れなどではなく、新型コロナウイルスの影響でタイミングを考えて、という事だと思われます。

Jon Proccer氏はiPhone SEの価格やカラーバリエーションなどを正確にリークしており、iPhone関連のリーカーとして有名。15万人以上のフォロワーを抱えており、少なくとも噂レベルの情報を流す人物ではないと思われます。

なお、カラーは「Just Black」と「Barely Blue」の2色展開となる模様。

ブラックについてはすでに実機画像が何度かリークされていますが、Barely Blueは謎。
ただ、「かろうじて青」というカラー名からすると「ブルーっぽくないブルー」という事になると思われます。

また、先日ドイツのベライゾンの内部情報としてリークされた情報でもPixel 4aのリリース日は当初の5月22日→6月5日に延期されており、今回の情報と一致します。

なお、Pixelの場合はたいてい発表から1週間前後でリリースされますが、それでも実際の発売日は7月後半、ということになります。

2020年の新型フラッグシップ、Pixel 5は10月発表が濃厚と言われていますが、この感じだと同モデルの発表時期もずらされる可能性がありそうです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました