Xiaomi Mi 10は12GBのマイクロン製LPDDR5メモリを搭載へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国の小米(シャオミ)が近々公式発表すると言われているフラッグシップ、Xiaomi Mi 10

この最新モデルに米国の半導体企業、マイクロン(Micron)製のLPDDR 5メモリが搭載されることが明らかになりました。

GIZMOCHINAが伝えたもので、micronは本日「世界初」となるLRDDR5の量産を開始したとのこと。

また同時にこのLPDDR5 DRAMはXiaomi Mi 10に最初に搭載され、メモリサイズは12GBになるとのことです。

なお、LPDDR5のデータ転送速度はLPDDR4Xと比べて20~50%アップ、電力消費は20%低くなるといわれています。

Xiaomi Mi 10には以前よりLPDDR5 RAMが搭載されるという情報はありましたが、一応公式中帯でそれが確認されたのは今回が初めて。

ちなみにここでは「世界初」とされていますが、LPDDR5 RAMはすでにサムスンが昨年の時点で量産体制に入っている、とも聞きます。

となると、スマートフォンへの搭載・製品化の発表が最初、という意味でしょうか。

なお、LPDDR5 RAMは2020年リリースの複数フラッグシップに搭載されると言われており、新型Xperiaもその可能性が上がっているうちの一つ。

ただ、サムスンが量産中のLPDDRは6GBと12GBのみ、またマイクロンは今のところ12GBだけの模様です。

となると、もし次期XperiaにLPDDR5が搭載されるとするとメモリサイズは6GB据え置きか12GBへ倍増、ということになりそうです。

コメント

  1. 中尾正博 より:

    レドミK20プロにも、技適ほしい。

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました