Galaxy Note 20シリーズのディスプレイ・スペックがリーク、「Ultra」はGalaxy Fold 2に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの既存最新モデル、と言えばGalaxy S20シリーズですが、8月には2020年後半のフラッグシップ、Galaxy Note 20シリーズがリリース予定となっています。

そして今回このGalaxy Note 20シリーズのディスプレイ周りについての新情報がリークされていました。

Galaxy Note 20シリーズのディスプレイサイズ・解像度は若干アップ

これによると、Galaxy Note 20のディスプレイは6.42インチでNote 10の6.3インチから大きくなる、とのこと。

また、画面解像度は2345 x 1084ピクセルで404 PPIアスペクト比は19.5:9になるとのことです。(Note 10は2280 x 1080の19:9)

なお、ディスプレイはS20同様に120Hzリフレッシュレート対応ですがLTPOと呼ばれる省電力技術が採用される模様。

一方、Galaxy Note 20+についても画面サイズは6.87インチとNote 10+の6.8インチから若干アップ。

画面解像度は3096 x 1444、497PPI、19.3:9とNoe 20よりも少し縦長のディスプレイとなるようです。

なお、リフレッシュレートやLTPOなどについてはNote 20と同じ仕様となっています。

また、今回の情報によるとGalaxy Note 20シリーズに「Ultra」は存在せず、Galaxy Fold 2がその代わりになる、とのこと。

あくまで位置づけとして、という意味だとは思いますが、ひょっとするとカメラ周りの性能などはNote 20/20+と同等なる可能性もありそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました