Motorola、90Hzの「Waterfall」画面、SD865/SD765搭載の5G対応モデルを開発中

スポンサーリンク

モトローラの新型モデル、と言えばMWC 2020で発表されることが確実なmoto g8、moto g8 powe、moto g stylusが話題の中心。

しかし今回、同社がこれ以外にも2モデルの5G通信対応機種を開発中であることが明らかになった模様です。

XDAが伝えたもので、Motorolaは現在、90Hzリフレッシュレートに対応したウーターフォール型ディスプレイ搭載の新型モデルを開発中。

また、これら2モデルはいずれも5G通信に対応するとのことです。

同社はすでに今年、SD865搭載のハイエンドモデルとSD765搭載のミッドレンジモデルをリリースする予定を明らかにしており、今回の「5G対応の2モデル」はこれらのチップを搭載するものと思われます。

なお、「ウオーターフォール・ディスプレイ」とはMate 30 Proなどで見られるようなディスプレイの左右端が側面まで大きくカーブしているタイプのこと。

上の画像からもディスプレイが側面半分くらいまで大きく湾曲していることがわかります。

なお、これら2モデルはSD765搭載モデルが「Racer」、SD865搭載モデルが「Burton」というコード名で、それぞれ「Motorola One 5G 2020」および「Motorola One 2020/Motorola Edge+」という機種名になる可能性が高いとのこと。

RacerBurton
型番XT2063-3???
ディスプレイ6.67-inch 2340×1080 curved display @ 90Hz6.67-inch 2340×1080 curved display @ 90Hz
CPUQualcomm Snapdragon 765Qualcomm Snapdragon 865
RAM6GB8GB/12GB
ストレージ128GB???
リアカメラ48MP + ??????
フロントカメラ??????
バッテリー4660mAh5169mAh
通信NFC, at least one variant with dual SIM???
OSAndroid 10Android 10
機種名Motorola One 5G 2020Motorola One 2020/Motorola Edge+

ソース

コメント

タイトルとURLをコピーしました