なぜこんなに違う?SD888/Exynos2100搭載Galaxy S21のGPU性能

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日サムスンが正式発表をした最新Galaxyフラッグシップ、Galaxy S21シリーズ

今のところは、欧州や韓国版はExynos 2100搭載が決定、米国や日本などはSnapdragon 888搭載版が展開されると予想されており、これについては過去モデルと基本的に同じパターンとなりそうです。

一方、過去数世代に渡ってSnapdragonよりも性能が劣っていたExynos(少なくともベンチマークスコアでは)ですが、今回はそれが一変。

発表前に発見されたベンチマークスコアではSD888と同等かそれ以上のスコアをたたき出し、一気に形成が逆転したとも言われています。

というわけで今回は正式発表されたGalaxy S21シリーズ、Exynos2100版とSnapdragon 888版で具体的にどれくらいベンチマークで差が出るのかを見てみたいと思います。

Exynos 2100搭載版Galaxy S21シリーズのベンチマークスコア

Snapdragon 888搭載版Galaxy S21シリーズのベンチマークスコア

これは期近のスコア比較。過去にさかのぼると最高スコアではExynos 2100の方が高くなっていますが、シングル、マルチコアとも平均スコアとしては大きな違いはなさそう。(あっても1割未満といった感じ)

だだ、これはCPUのベンチマークスコアで、GPUのベンチマークスコアであるOpenCLやVulkanのスコアを比較すると:

Exynos 2100搭載版Galaxy S21シリーズのGPUベンチマークスコア

Snapdragon 888搭載版Galaxy S21シリーズのGPUベンチマークスコア

こちらのスコア差はかなり大きく、Exynoss 2100がSnapdragon 888の1.5倍以上となっています。

これが実使用での体感でどの程度の違いが出るのかは不明ですが、少なくともGPU性能においてはExynos 2100搭載版Galaxy S21シリーズはSD888搭載版よりもかなり優秀、ということに。

もちろん、SD888とExynos2100はスペック的に違う部分はいくつかありますが、同世代の同ティアのSoCでここまでベンチマークスコアに差が出る、というのはちょっと「異常」かもしれません。

というか、ベンチマーク測定自体になにか問題があるような気すらします。

Snapdragon 888搭載版はまだレビュー用端末もまだ出回っていないようなので、ここで見つかっているスコアはチューニング中の端末のもの、という可能性もあります。

ただ、製品版でもこれだけの差がある、となるとゲームなど、グラフィック負荷の高い場面ではかなり性能に差が出そうです。

Xperia 1 IIIとXperia 5 IIIはリリース時期が「近い」、新型フラッグシップ2モデルが「平行して開発中」との噂
ソニーモバイルの2021年最新Xperiaモデル、と言えば、Xperia 1 III。搭載チップがSnapdragon 888「ではない」可能性など、主要スペックについての情報すらも交錯している状態ですが、少なくともソニーのサーバー上にSD

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました