2020 新型Xperiaは7~9モデル、Xperia 1.1、Xperia 3、Xperia 5.1、Xperia 0とのリーク情報

2020年版の次期Xperiaフラッグシップ。

昨年までのパターンを踏襲するのであれば来年初頭から2月末のMWC2020までにミッドレンジとハイエンドを最低1~2モデル発表ということになりそうです。

ただ、その「中身」についてはフラッグシップがSD865搭載で5G通信対応、ミッドレンジがSD655搭載となる、という事以外、詳細についてはまだ信頼性の高いリーク情報がでてきていません。

そんな中、当サイト宛てに匿名で非常に興味深いリーク情報が届きました。

Xperia XZ2 premium → Xperia 1 → Xperia 1.1 (4 rear camera 5G 4K) (MWC2020)
Xperia XZ2 compact → Xperia 3 (3 rear camera 5G 2K) (Coming Soon)
Xperia XZ2 → Xperia 5 → Xperia 5.1 (4 rear camera 5G 2K) (MWC2020)
Xperia XZ3 → Xperia 0 (6 rear camera 5G 5K) (IFA2020)

これによると、まず、2020年版の新型Xperiaはフラッグシップだけで最低4モデルがリリース予定、ということに。

・Xperia 1.1
・Xperia 3
・Xperia 5.1
・Xperia 0

Xperia 1.1→グローバルフラッグシップ?

MWC2020で発表、クアッドカメラ(4カメラ)搭載で4Kディスプレイを搭載。
Xperia XZ2 premium → Xperia 1 → Xperia 1.1という系列。

MWC2020で発表とのことですが、先ほど有名リーカーのZackbucks氏が次期Xperiaには3+ToFセンサー、メインカメラは12MPの1.1.7インチという情報をリークしています。
ひょっとするとそれがこのXperia 1.1のことなのかもしれません。

ただ、これは搭載チップにもよりますが、このXperia 1.1は Xperia 1 にカメラ(おそらくToFセンサー)を一つ追加したの5Gモデル、という位置づけの可能性もありそうです。

Xperia 3→国内(ドコモ)専売モデル?

「Xperia 3」という機種名は先週くらいに出てきたもので、Zackbucks氏が冗談半分でWeibo上に投稿したものと思われていました。(少なくとも私はその可能性が高いと思っています)

ただ、Xpeira 1がプレミアムフラッグシップ、Xperia 5がレギュラーフラッグシップで、真ん中のXperia 3がXperia XZ2 Compactの正統な後継機、コンパクトフラッグシップというのはネーミング的にはわりとしっくりくるような気もします。

興味深いのはリリース時期で「Coming Soon」、つまり間もなく発表・リリースとなっていること。さすがに来年2月末以降を「間もなく」とは言わないので、2020年初めのリリースという可能性も。

先日、次期フラッグシップについてドコモ向けのSO-02Mしか見つからない、という情報がありましたが、ひょっとするとこれがドコモが春の5Gサービス開始前にリリースする新型Xperiaで、国内専売モデルという可能性もありそうです。

Xperia 5.1 → 2020年秋リリースのXperia 5後継機?

IFA2020発表でXperia 1→Xperia 1.1同様に、搭載チップがおそらくSD855→SD865に、スクリーン解像度は据え置き、5G通信に対応でXperia 5の後継機という位置づけの模様。

Xperia 0 → 2020年版の真のプレミアムモデル?

今回の情報が事実ならばこれが2020年版の目玉機種となりそう。

6カメラを搭載した次世代Xperiaを開発中、という情報はGalaxy関連情報のリーカーとして有名なMax J氏が6月にリークしており、各カメラのある程度の仕様も同時期にリークされています。(冒頭の画像を参照)

今回は”Rumor”という題名でいただいたメッセージ内に記述されていたものなので、文字通り、あくまで「噂」として楽しむことはおすすめします

が、妙に現実味があるように感じてしまう私はなにかの病気でしょうか・・・
新型スマートフォンというのは正式発表前のこういった噂・リーク情報をあーでもないこーでもないと吟味している時が一番楽しいような気もします (特にXperiaは) 。

追記:最初の情報に続いてさらに2つのメッセージに渡って次世代ミッドレンジについての情報も入ってきました。(上の情報同様に噂として受け取ってください)

2020年版ミッドレンジ機種ラインナップもリーク?

Xperia XA2 → Xperia 10 → Xperia 10.1 (5G) (MWC2020)
Xperia XA2 Ultra → Xperia 10 Plus → Xperia 9.1 (5G) (MWC2020)
Xperia XA2 Plus → Xperia 8 → Xperia 8.1 (5G) (After the IFA2020) (Only in Japan)

Xperia 10.1
Xperia 9.1
Xperia 8.1

という3モデルで、いずれも5G通信に対応、とあります。

リリース時期は今年のXperia 10シリーズおよび8と同じような感じになりそうですが、ネーミングパターンが若干変更となるようで、Xperia 10 Plusの後継機はXperia 10.1 Plusではなく、Xpeia 9.1に。

また、Xperia 8の後継機とされるXperia 8.1が日本版のみ、ということは逆に10.1および9.1は海外でのリリースのみ、ということになりそうです。

さらに3つめのリーク情報:

Xperia L3 → Xperia L4 (4G) (Also in Japan but no carries) ←???
Xperia Ace → Xperia 100 (5G) (Only in Japan) ←???

Xperia L3の後継機はXperia L4に、Xperia Aceの後継機はXperia 100で5G通信対応とのこと。

ただ、こちらはそれぞれに「?」がついておりタイトルも「Rumor」ではなく「Don’t belive」とあるので、提供者の推測である可能性も高そうです。

それにしても、もし今回の情報が正しければ2020年版はフラッグシップ4モデルにミッドレンジが3~5モデル、合計で7~9モデルがリリースされるということに。

(黒字化のため?)縮小の一途をたどっているソニーモバイルがこれだけのバリエーションを1年間で発売するというのはちょっと現実離れしているよう気もします。

さらにこの情報では次期世代シリーズはXperia L4を除いてミッドレンジもすべて5G通信対応、ということに。

5G対応のミッドレンジ向けチップとしてはSnapdragon 735 (SM7250)などの存在がほぼ確実ですが、性能的にはミドルハイ向けといった感じで、同チップを搭載すれば価格はXperia 10やXperia 8などよりもかなり高くなるはずです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました