Motorola Nioの実機とされる画像がリーク、デュアル前面カメラ搭載

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近モトローラの最新モデルとして話題になっている「Motorola Nio」。

Snapdragon 800番台のハイエンドモデルとなることは確かなようですが、まだ不明な部分がほとんど。

今回、そんなMotorola Nioの実機とされる画像がリークされていました。

クアッドカメラ搭載でメインカメラの画素数は「64MP」。

指紋認証センサーは側面に搭載。
ただ、Xperiaのものと比べると幾分小さめに見えます。

前面ディスプレイはパンチホール型、デュアルフロントカメラを搭載しています。

なお、この端末情報を見る限り、機種名は「Motorola Edge+」となっています。

一方、Motorola Edge+は昨年米国ベライゾンから限定モデル?として展開されています。

明らかに外観が異なるので、少なくとも今回の画像のモデルがMotorola Edge+ではないことは確か。

ただ、このMotorola Nioにこの機種名が表示されている、ということは同じプラットフォームが採用されている、という可能性も。

となると搭載チップはSnapdragon 865という可能性もありそうです。

なお、これまでの情報ではMotorola Nioはコードネームで、製品名は「Motorola Edge S」になる可能性が高いと言われています。

一方、Motorola Edge SはすでにWeibo上で公式ティザー情報がでてきており、SD888でもSD865/865+でもない新型のSD800番台チップが搭載されると言われています。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました