2021年前半の新型Xperiaは3モデル、Galaxy S21の「悲劇」は起こらない?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの2021年の新型Xperia、と言えばSD888搭載のハイエンドとSD690搭載のミッドレンジモデルが1モデルずつ存在することは確実。

そして昨年と同じパターンであれば前者はXperia 1 III、後者はXperia 10 IIIになると思われ、いずれも春ごろ発表、初夏にリリースという形になりそうです。

しかし今回、2021年前半の最新Xperiaラインナップ、およびその仕様についてちょっと興味深い情報がでてきました。

2021 H1の新型Xperiaラインナップは3モデル

以下はRedditのGalaxy S21シリーズについてのスレッド上に投稿されていた内容。

no worries guys, this tragedy won’t happen to non of three 2021 H1 xperias

「心配しないで、この悲劇は2021年前半の3モデルのXperiaのいずれにも起こらないから」という内容。

これ、信ぴょう性は不明ですが、まず興味深いのは2021年前半リリースのXperiaが3モデル、と言っている点。

先述のように今のところSD888とSD690搭載のXperiaの搭載は確認されていますが、今回の情報によるとこれ以外にあと1モデル存在、ということに。

一方、先日、ソニーのサーバー上で3つ目のXperiaのOEM ID、PM-136X-BVが発見されており、ひょっとするとこのモデルを指している可能性もありそうです。

microSDカードはすべて対応

なお、Xperiaには起こらないとされている「悲劇」ですが、この投稿のリンク先のimgurに貼られていたのが以下の画像。

無印S21、S21、S21 Ultraの全てのモデルでmicroSDカード非対応となることが判明しています。

これはどこかのサイトのGalaxy S21シリーズのスペック比較表のスクリーンショットだと思われますが、いずれも拡張ストレージに「X」、つまりmicroSDカードに非対応、となっており、この投稿者が意味する「悲劇」とはこのことを指しているとみて間違いないと思います。

つまり、今回の情報が正しければ2021年前半の3モデルのXperiaについてはこれまで通りmicroSDカードに対応、ということに。

要は今まで通りということなので、特にサプライズではありません。

ただ、これまで一貫してmicroSD非対応としているスマートフォンはPixelシリーズくらいですが、今回、一応世界No.1のフラッグシップ、Galaxy SシリーズがマイクロSD対応を全廃した、という意味は大きいような気がします。

将来的には他機種も追随という可能性はありそうです。

コメント

  1. 名無し より:

    サムスンは林檎に対してイチャモン付けたくせに環境に配慮したとか言って堂々と付属品カットするしイメージ悪い
    別に韓国だからって訳じゃないけど

  2. 匿名 より:

    現状日本でmicroSD対応かどうかに拘る人が多いことをソニーは把握してるから、仮に他社が廃止しても日本メーカーであるソニーは簡単には廃止したりしないだろうね。

    もし廃止するに至るとしたらGoogleがOSレベルで非対応化させるとか、microSDが利用されなくなるくらいの利便性を持ったクラウドサービスや新たな外部ストレージ規格が普及した時くらいかな。

    それにスマホがコンデジを兼ねた位置付けになりつつある今、現時点で外部ストレージを載せない選択をカメラメーカーであるソニーがするとは思えない。

    仮に業界全体がmicroSDを廃止する方向性に向かうとしてもソニーはかなり最後の方になると思う。

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました