2020年の新型Xperiaでは「フラッグシップ」の定義変更?SD865搭載は1モデル、残りはSD765との噂

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、クアルコムの次世代チップ、Snapdragon 865およびSnapdragon 765 (G)が発表され、少なくともXperia 1の後継機とされる新型XperiaフラッグシップにSD865が搭載されることはほぼ確定。

しかし、2020年版Xperiaの「その他のモデル」に搭載されるチップについてちょっと気になる情報が見つかりました。

Weibo上に投稿されていたもの:

2つのソースからの矛盾した情報:

1..2020年版の新型Xperiaフラッグシップは最低3モデル

2.2020年版XperiaでSD865を搭載したモデルは1モデル、残りはSD765もしくはSD665を搭載

これ、普通に考えればどちらかが正しくてどちらかが間違っている、ということに。
また、あくまで噂レベルの情報なので両方とも間違っている、という可能性も。

ただ、「もし」いずれの情報も正しいものだとすると、1つだけ矛盾しない説明があると思われます。

SD765搭載Xperiaが”新”フラッグシップに?

というのも今までのXperiaではSnapdragon 800番台のチップを搭載したモデルがフラッグシップ、という位置づけでした。
が、もし「フラッグシップXperia」の定義自体が変わったらどうなんでしょう。

例えば、Xperia 1の後継機(Xperia 1.1)だけがSD865を搭載、Xperia 5の後継機やもう一モデルのフラッグシップ(6眼カメラのXperia 0?)はSD765を搭載、といった感じ。

ちなみにソニーは公式インタビューなどでXperia 1を「プレミアムフラッグシップ」、Xperia 5を「フラッグシップ」と呼んでいました。

多くのメーカーではフラッグシップ=最高クラスのスペックを搭載したモデルですが、本来、フラッグシップとはあくまで「ブランドを代表する機種」という意味であって「ハイエンド」と同義語ではありません。

よって、「ミッドレンジ」と「フラッグシップ」というのは相互排他ではなく、実際ZenfoneシリーズではZenfone 5までは無印が「旗艦モデル」という位置づけでした。

SD765などはミドルハイ向けのチップで、ちょっと前のSD800番台チップとほとんど性能差がないとも言われています。

また、スマートフォン全体の性能が高くなり、進化スピードも鈍化してきている今、そろそろフラッグシップ=ハイエンドモデル、という「慣例」も考え直す時期に来ているのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました