Xperia 5 IIにPro/Plus版、謎の新型チップ「SD870」搭載の可能性?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの最新Xperia、と言えばSD888搭載が予想されているXperia 1 IIIやSD690搭載となるであろうXperia 10 IIIが話題の中心。

しかし、今回、既存最新モデルXperia 5 IIに見慣れない「新バージョン」が存在する可能性がでてきました。

「SD870搭載のXperia 5 II?」

このSONYの「XQ-AS82」という型番。

Xperia 5 IIの海外版の型番はXQ-ASXXなので、これが実在すればXperia 5 II”系統”の機種であることは間違いないと思われますが、「XQ-AS82」はまだ公式には存在しません。

一方、これまでに存在が確認されているXperia 5 IIの型番は以下の6つ:

XQ-AS52 (海外デュアルSIM版)
XQ-AS62 (米国版)
XQ-AS72 (香港・中国版)
SO-52A (ドコモ版)
SOG02 (au版)
A002SO (ソフトバンク版)

一方、先日お伝えしたように、Xperia 5 IIはOEM IDの数からすると、Xperia 5 IIにはあと2つの型番が存在するはず。

よって、このXQ-AS82は実在すれば7つ目の型番ということになりますが、これがどの国や地域のバージョンになるのかは不明。

ただ、非常に気になるのはこのWeibo上のリーカーがこのモデルについて「SD870搭載のXperia 5 II?」というコメントを添えている点。

SD870は実在する?

SD888でもSD865/865+でもない新型SD800番台のチップが存在する、という噂は数週間前からでてきており、最近ではモトローラの未発表モデル、Motorola NioことMotorola Edge Sにこのチップが搭載される可能性が高いといわれています。

また、この謎のSD8XXチップについては有名リーカーも他機種で存在を確認しているようで、「SD870」という仮称で呼ばれている模様です。

確かに今回のXQ-AS82のベンチマークスコアもマルチコアが3500以上となっており、これはSD865搭載のXperia 5 IIでは一度も観測されたことがないハイスコアです。

また、これはSD865+搭載の他機種と比べてもかなり高めなので、上の投稿のvivo V2045に搭載されている仮称「SD870」と同一チップを搭載している、という可能性は十分にありそう。

なお、このXperia 5 IIのレギュラー版はすべて8GB RAM搭載ですが、今回のXQ-AS82は12GB RAMとなっている点も重要。

となると、このモデル、実在すればXperia 5 IIのアップグレードモデル、Xperia 5 II ProやXperia 5 II Plusといった感じの位置づけになる可能性が高そうです。

ひょっとしてこれが噂の国内向けSIMフリー版Xperia 5 IIという可能性もあるのでしょうか。。。

なお、ここまでお伝えしておいてこんなことを言うのもなんなのですが、個人的には仮称SD870が実在する可能性は結構高いと思います。
また、国内SIMフリー版Xperia 5 IIがリリースされる可能性もそこそこ高いと思います。
ただ、それがSD870を搭載というのはかなり低い可能性だと思います。(←あくまで具体的な根拠はない勘です)

Xperia 1 IIIのスペックがリーク、SD888ではなくSD870/875、4500mAhバッテリー、4K@120Hz対応か
ソニーモバイルの2021年最新フラッグシップ、Xperia 1 III。SD888搭載がほぼ確実視されているこの新型Xperiaですが、その他のスペックについてはまだ不明なことだらけ。そんな中、Twitter上にこのXperia 1 III

コメント

  1. より:

    とりまSIMフリーはよ

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました