本体とは別、Galaxy S21 Ultraのスタイラスはどう仕舞う?公式ケース画像がリーク

スポンサーリンク

1月14日に正式発表されることが「正式」に確定したサムスンの次期フラッグシップ、Galaxy S21シリーズ。

国内でもこのGalaxy S21シリーズと思われるドコモ版およびau版のサムスン製スマートフォンが総務省の技適を通過しています。

一方、同シリーズでは最上位モデルのGalaxy S21 UltraがGalaxy Sシリーズとしては初めてSペン(スタイラスペン)に対応することが明らかになっています。

ただ、Galaxy Noteシリーズとは異なり、このGalaxy S21 Ultraではすでにリーク済みのレンダイング画像などから本体にはSペンを格納するスペースがないことも判明しています。

そのため、Sペンは別売りとなるばかりでなく、本体とは別の場所に格納する必要がある、ということに。

そんな中、ドイツメディアのWinFutureがこのGalaxy S21 Ultra用の公式ケース画像をリークしていました。

この手帳型ケースの場合はディスプレイに向かって左側のヒンジ部分横にSペンが入る縦長のスペースが設けられています。

なお、別売りとなるスタイラスペンの価格は40ユーロ(約5000円)とのことですが、一部では発売キャンペーンの「おまけ」として付属する国・地域があるという情報も。

なお、このSペンはGalaxy Note 20 Ultraなどのものと同様にBluetooth接続を使ったリモート式でカメラのシャッターボタンとしての利用も可能とのことです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました