Galaxy Z Fold3は2タイプ、デュアル/トライ・フォルダブルに?

スポンサーリンク

サムスンの次期フラッグシップ、と言えばもちろんGalaxy S21シリーズ。

ただ、同シリーズについては1月14日の正式発表前にほぼすべての情報がリークしてしまっています。

そのためか、ユーザーの関心は次のフラッグシップ、Galaxy Z FoldやGalaxy Z Flipに移りつつあるという印象です。

そんな中、このGalaxy Fold 3に「2つのバージョン」が存在する可能性がでてきたようです。

Galaxy Fold 3には2つ折りと3つ折りの2バージョンが存在?

phonearenaがイタリア系メディア、pigtouからの情報として伝えたもので、Galaxy Z Fold 3には「デュアル・フォルド(二つ折り)」と「トライ・フォルド(三つ折り)」の2バージョンがある可能性があるとのこと。

以下は2つ折りのバージョン↓

これはメイン画面の左右1/4くらいが内側に向かって折りたたまれるタイプで、閉じたときにちょうど正方形くらいになる、というもの。

開いたときのディスプレイは10インチくらいありそうで、これだと完全なタブレットと言った感じ。

ただ、折りたたんだ際の形状からすると電話機としては相当使いにくそうです。

そして以下は3つ折りバージョン↓

こちらは「Z」状に端末が折れ曲がるタイプで、畳んだ時の横幅は「デュアルフォルド」よりも短くなり、これならば普通のスマートフォンサイズ、といった感じ。

ただ、このタイプはセカンダリディスプレイが搭載されていないようなので、閉じた状態ではほとんど用途がなさそうです。

そういえば、数日前にGalaxy Z Fold 3には「Ultra」が存在するかも、という噂がでてきていましたが、ひょっとしてこのトリプル・フォルダブルのものがGalaxy Z Fold 3 Ultraという可能性もあるのでしょうか。

ソース

5G対応Androidスマホで電池持ちが悪い時の対処法、通信速度もアップするかも
国内では「5G元年」となった2020年。ハイエンドスマホは全モデル、ミッドレンジモデルでもかなりの割合で5G対応モデルがリリースされました。一方ここ最近、国内外のネット上の情報を見ていると、5G対応スマートフォンでの原因不明のバッテリー消費
日本版もあり?90Hz対応のミッドレンジ、OPPO A95 5Gが発見か
中国のスマートフォンメーカー、Oppo。今年は事実上の「ファーウェイ不在」もあってか、国内ミッドレンジ市場で存在感が一段と強くなったと言う印象です。そんなOppoですが、今回、日本での発売も濃厚な未発表モデルの存在が確認された模様です。中国

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました