SD875ではない?クアルコムが間もなく発表の次世代チップはSnapdragon 888に

スポンサーリンク

次世代Xperia(Xperia 1 III)やGalaxyフラッグシップなどに搭載されることが確実で、クアルコムが間もなく発表する次世代ハイエンド向けチップ。

前チップのSnapdagon 865の後継チップということでSnapdragon 875 (SD875)になることが予想されていた同チップの正式名称について興味深い新情報がでてきました。

Weibo上のユーザーが投稿していたもの。

これによると、本日発表されるクアルコムの新型チップの正式名称はSnapdragon 875ではなくSnapdragon 888になる、というもの。

Snapdragonの8XXシリーズはここ数世代は「SD8X5」で下2桁目の番号が世代ごとに1つずつ上がる、というパターンでした。

ただ、さらに過去にさかのぼると800シリーズは「800」「801」「805」、そして「808」「810」など、何度かパターンを変更しています。

そういった意味で、番号規則を今回から変更する、という可能性は十分にあり得ると思われます。

単なるネーミングの問題なので大したことではありませんが、ひょっとしてひょっとするとこのSD888とSD875は別チップ、という可能性もあるのでしょうか?

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました