SD865超えの性能、MediaTek MT6893のAntutuベンチマークスコアが判明

スポンサーリンク

台湾の半導体メーカー、Mediatekの次世代チップのAntutuにおけるベンチマークスコアが発見された模様です。

GSMArenaが伝えたもので、これによると同チップの型番は「MT6893」で、Antutuベンチマーク須戸は総合で約62万ポイント、CPUが17.5万ポイント、GPUが約23.5万ポイントとなっています。

他のチップと比べると:

GPU性能ではSnapdragon 865たExynos 1080、Kirin 9000などに劣っていますが、CPUおよび総合ポイントではSnapdragon 865に勝っています。

なお、Meditekの既存チップで最高性能のものはDimensity 1000+で、同チップのAntutuベンチマークスコアは47万ポイントほど。

おそらくこのMT6893はこのDimensity 1000+の後継チップという位置づけになるのではないかと思われます。

なお、ここにも掲載されているサムスンの最新チップ、Exynos 1080も性能的にはSD865とSD875の間くらいといった感じで、来年はこういったアッパーミドルとハイエンドの間向けのチップを搭載した機種、というのが増えそうな雰囲気です。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました