スナドラ875搭載一番乗りはXiaomi Mi 11、12月中に発表の可能性大!

スポンサーリンク

次期XperiaやGalaxy、AQUOSなどなど、2021年リリースのハイエンドモデルに搭載されるクアルコムの次世代チップ、Snapdragon 875。

今回、同チップを搭載したモデルとして最初にリリースされる機種としてXiaomi Mi 11シリーズが浮上しました。

有名リカーの一人、Digital Chat Station氏からのもので、これによるとXiaomi Mi 11 (仮名)はすでに複数の認証を通過しており、来月発表される可能性が高い。また、生産キャパシティ―も大幅に増強される、とのこと。

これまでの情報ではサムスンの次世代フラッグシップ、Galaxy S21が1月中旬に正式発表されることがかなり濃厚で、同モデルがSD875搭載機としては最初のモデル(シリーズ)になると思われていました。

しかし、もし今回の情報が正しければ少なくとも発表時期という意味ではこのXiaomi Mi 11(シリーズ)がGalaxy S21シリーズよりもさらに1か月ほど早く発表、ということになりそうです。

そういえば、先日、ソニーモバイル代表が来月初めのSnapdragon 875発表イベントにおいてキーノート登壇者の一人として参加する、という件についてお伝えしました。

このことから同社がこの場でSD875搭載の新型Xperia(Xperia 1 III)についての何らかのヒントを出す可能性がありそう。

一方、同イベントでは同じくXiaomiとOnePlusのCEOも登壇することが予告されており、ひょっとするとこのXiaomi Mi 11はこの場で発表、なんてこともあるのかもしれません。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました