Xiaomi Mi 11 Proのカメラ仕様がリーク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小米の次世代フラッグシップ、Xiaomi Mi 11シリーズ。

SD875を搭載して来年春ごろにリリースすることが予想されており、今のところの情報では無印のXiaomi Mi 11およびXiami Mi 10 Proの2機種展開になりそうです。

そして今回、この上位モデルのMi 11 Proのカメラ仕様についてリーク情報がでてきました。

Weibo上の有名リーカーからの情報で、これによるとXiaomi Mi 11 Proのメインカメラには50MPのセンサーが搭載。

また、望遠カメラについては12MPですが、これがそのままの12MPセンサーなのか4つのピクセルを1ピクセルとして扱う8MPのクワッドベイヤーセンサーになるのかは不明とのことです。

なお、ソフトウェア面ではMIUI 12はMEMCサポートとAI HDRの機能強化がされるもよです。

なお、これまでのリーク情報としてMi 11 Proでのディスプレイは前モデル同様、120Hzのリフレッシュレートに対応、画面解像度はQHD+になると言われています。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました