モトローラの次期モデル「Motorola Nio」は「105Hz」リフレッシュレートに対応か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Lenovo傘下のモートローラがちょっと変わったディスプレイ仕様の新型モデルをリリースす可能性があるようです。

XDAの編集者、Mishaal Rahmanが伝えたもので、モトローラが現在開発中の次期モデル、Motorola Nioのディスプレイはリフレッシュレートがデフォルトで105Hzに設定されているとのこと。

「Motorola Nio」というのはおそらくコード名で現在モトローラが開発中のSD865搭載モデル、Android 11、12GB RAMメモリーを搭載でMotorola Edge+の後継機という位置づけになる可能性が高そうな機種です。

60Hz以上のリフレッシュレートと言えば、90Hz、120Hz、そして144Hzといった感じで105Hzというのは初耳です。

ちなみに今回の情報によるとASUSはROG Phone3を160Hz駆動に対応させる可能性もあるとのことです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました