Honor 50 ProのAntutuベンチマークが発見、Snapdragon 778Gを搭載へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファーウェイから独立したスマホメーカーの「HONOR(栄耀)」。

正式発表まであと1週間となった同社の次期フラッグシップ、「Honor 50 Pro」について、さらなる詳細が明らかになりました。

GSMArenaが伝えたもので、今回、このHonor 50 Proの型番である「RNA-AN00」のベンチマークスコアが「AnTuTu」状で発見されたとのこと。

スコアは約この52.6万ポイント。
また、チップセットはSnapdragon 778Gでメモリは8GB RAM、ストレージ容量は256GBとなっており、アッパーミッドレンジといった感じのスペック。

ただ、UXの部分に120Hzとあることから、ディスプレイは120Hzリフレッシュレートに対応するという事になります。

Honor 50 Proはこれまでに、2つのカメラリングの1つにF1.8のレンズ、108MPのメインセンサーを搭載すると報じられていました。

また、もう一方のリングには、ペリスコープではないものの、2つの補助カメラが搭載されます。

一方、レギュラーの「Honor 50」には、同じ種類のレンズを搭載した50MPのメインカメラが搭載されるもようです。

ソース

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました