AQUOS sense4 Plusのライバル機種はGalaxy A71、内部向けスペック比較資料がリーク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このモデルの上位モデルとなる、AQUOS sense4 plusですが、国内リリースは確実なものの、取り扱いキャリヤやMVNOはまだ未発表です。

シャープの2020年秋冬モデルとしてリリース予定のAQUOS sense4シリーズ。

そんなAQUOS sense4 plusですが、ドモデルは久しぶりに欧州でもリリースされるAQUOSとなり、すでに海外版のベンチマークスコアやスペック、外観画像などもリーク済み。(すべて国内版と同じようですが)

そして今回、このAQUOS sense4 plusとサムスンのアッパーミッドレンジモデル、Galaxy A71を比較した興味深い内部向け資料が発見されました。

Galaxy A71と比較して「Better」なのはCPU (SD720 vs SD730)、メモリ(8GB vs 6GB)、防水防塵性能の有無、そしてステレオスピーカーの有無、となっています。

なお、国内ではこのGalaxy A71の発売予定は今のとことありませんが、Galaxy A51についてはドコモとauからがリリースされることが確定しています。

ただ、この国内版Galaxy A51は機種名としてはA71の下位モデルですがSD765Gを搭載。
そういった意味ではAQUOS sense4 plusよりもスペック的には上、ということになりそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました