新型Xperiaタブレットの可能性大! LTE対応の謎の端末がFCCを通過

スポンサーリンク

2020年版Xperia、と言えば新型のXperia 5 IIにXperia 1 II、 Xperia Pro、Xperia 10 IIにXperia L4と比較的少ないラインナップ。

一方、昨年の後半くらいからでしょうか、一部でソニーが久々のXperiaタブレットをリリースする可能性について噂されていました。

そして今回、FCC通過資料からこの新型Xperiaタブレット「かも」しれない謎の端末が発見されました。

FCC IDを表示するラベル位置情報からすると裏面が長方形の端末であることは間違いなさそう。

AK8-PM1300BVというFCC ID。

この「PM1300BV」はおそらくソニーのXperiaのOEM ID、PM-1300-BVのものと思われます。

一方、このOEM IDが掲載されているソニーのサーバー上には現在PM-129X-BVとPM-131X-BVはありますが、ちょうどその間のPM-130X-BVが抜けています。
(ちなみに一番新しい型番ではXperia 1 IIIに該当すると思われるPM-134X-BVが存在します)

また、このFCC資料からは多くのことは不明ですが、LTE通信に対応することは確実。

さらに対応充電器はXperiaスマートフォン向けのUCH20

つまり、この謎のソニー製端末は「スマートフォンではないスマートフォンに近い端末」としての条件がそろっており、となると現に津的に考えて未発表の新型Xperiaタブレットである可能性が結構高い、ということに。

なお、この端末が逆にスマートフォンでは「ない」根拠ですが、まず、FCCを通過するXperiaスマートフォンは基本的にすべてIDがPY7-XXXXXとなるはずですが、今回はAK8-XXXXXとなっています。

対象端末の横に「Phone」があることもこの端末がスマートフォンでは「ない」ということに

また、Xperiaスマホの場合は認証通過の企業名は「ソニーモバイル」となるはずですが、今回のAK8-PM1300BVは「ソニー」の名前で認証通過をしています。

よって、仮にこれが新型Xperiaタブレットだったとしても今後はソニーモバイルではなくソニ―ブランド下で展開、という可能性もありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました