ASUS Zenfone 7のものとされるベンチマークスコアが発見、メモリは16GB RAM、SD865+搭載?

スポンサーリンク

ASUSの2020年フラッグシップ、ASUS Zenfone 7

今のところの情報では7月に正式発表とのことですが、この新型モデルはかなりリーク情報が少なくイマイチ全体像が見えてこないといった感じ。

しかし、今回このASUS Zenfone 7に該当する可能性のあるベンチマークスコアがGeekbench上で発見された模様です。

kona、つまりSD865を搭載でメモリは16GB RAM搭載となっています。

これが「Zenfone 7」のものであるという確証はありませんが、「ZF」は「Zenfone」の略でしょうか。

一方、先にベンチスコアが発見されているROG Phone 3は「ASUS_I003D」という型番となっており、同モデルでないとすればZenfone 7のものである可能性が高い、ということに。

なお、ASUS ROG Phone 3については12GB RAM版と16GB RAM版が存在することが確実視されていますが、Zenfoneシリーズで16GB RAMというのはちょっと意外です。

というか、基本的には12GB、いや8GB RAMくらいで充分な気もします。

ちなみにこのベンチスコアですが、シングルコアが900台後半、マルチコアが3300以上とレギュラーのSD865としては少し高め。よって、ROG Phone 3同様にSD865+もしくはオーバークロックされたSD865が搭載という可能性もありそうです。

一方、このSD865 Plus/オバークロックSD865ですが、次期Xperia 5 IIやGalaxy Note 20シリーズ、さらにはGalaxy Z Flipの5Gモデルにも搭載されると言われています。

そういった意味で、このアップグレード版SD865は2020年後半リリースのハイエンドモデルで標準的に搭載されるチップとなる可能性もありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました