次期Xperia「Xperia 5 II」にはSD865+ではなくSD865「クロックアップ版」を搭載の模様

スポンサーリンク

ソニーモバイルが2020年後半、おそらく秋~冬にかけてリリースすると予想されている次期Xperiaフラッグシップ、通称「Xperia 5 II」。

6.0~6.1インチのXperia 1 IIの小型版という位置づけで展開されるであろうこの新型Xperiaですが、今回、この「Xperia 5 II」に搭載されるCPUについて興味深い新情報がでてきました。

Xperia 5 IIの搭載チップはオーバークロック版のレギュラーSD865

SD865+はキャンセルされたが、ソニーは新型フラッグシップで(ROG Phone 3やGalaxy Note 20+同様に)3.09GHzにクロックアップされたSD865を搭載するようだ。

1か月ほど前にソニーはこのXperia 5 IIに該当すると思われる新型XperiaでSnapdragon 865 Plusを搭載予定”だった”という情報がありました。

ただ、MEIZU関係者からの情報としてSD865+チップ自体がキャンセルされたと言う情報もでており、どうやらSD865+が存在しない可能性もかなり高そうな状況となっていました。

一方、このオーバークロック版SD865は先日、Galaxy Note 20+のベンチマークスコアがGeekbench上で、ASUS ROG Phone 3のものが昨日Antutu上で発見されており、実在するのは確実な模様。

つまり、今回の情報が正しければSD865には「Snapdragn 865 Plus」という名称のチップは存在しないものの、アップグレード/クロックアップされたSnapdragon 865自体は存在する、ということに。

ただ、この感じからするとこのアップグレード/オーバークロックされたSD865を搭載する機種は他にもありそうなので、そういった意味では特別、というわけではなさそうです。

ちなみにAntutuスコアによるとこの際だクロックスピードが3.09GHzにクロックアップされたSD865のベンチマークスコアは通常版SD865に比べて1割ほどベンチマークスコアが高いことが明らかになっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました