Redmi Note 10 Proの5G版が発表、Dimensity 1100搭載で羨ましすぎるスペックと価格

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先ほど、国内でも販売されているRedmi Note 10 Proに別バージョンが存在する可能性がある、という件についてお伝えしました

そしてその直後にこのRedmi Note 10 Proの「5G」版が中国で正式発表された模様です。

一見、日本向けを含むグローバル版とほとんど同一デザインに見えますが、よく見ると細かな違いがあり、特にカメラ周りの外観は結構異なります。

↑左が今回のRedmi Note 10 Pro 中国/5G版、右がグローバル版。

最大の違いはCPUでグローバル版Note 10 ProがSnapdragon 732G搭載なのに対し、この中国版は6mnプロセスの最新mediatek製チップ、Dimensity 1100を搭載
つまり、5G通信に対応、ということになります。

ちなみにこのDimensity 1000のGeekbenchにおけるベンチマークスコアはマルチコアで2700前後なので、性能的にはSD855と同等、といったところでしょうか。

いずれにせよ、同ベンチマークで1700前後のSD732よりは大幅に高い性能、ということになります。

また、グローバル版Note 10 Proの充電速度が最大33Wなのに対し、この中国版は67Wの高速充電に対応

さらにカメラはメインセンサーが64MPとなり、これについてはソニー製である可能性が高そう。(グローバル版はサムスン製108MPセンサー)

一方、なぜかディスプレイはLCD (グローバル版はOLED)となっており、これについてはなぜダウングレードなのか不明。

なお、価格は6/128GBモデルが1499中国元(約2.55万円)とかなり安く、8/128GBモデルでも1799中国元、8/256GBモデルでも1999元となっています。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました