Xperia 1 IIの「デバッグ」完了、カメラ機能がリリース前に大きく「改善」と情報

ソニーモバイル初の5G対応新型Xperia、Xperia 1 II

昨日、au版の発売日が5月22日で確定し、おそらくドコモ版についても同日、あるいは数日のずれでリリース。そして久しぶりに国内先行発売となりそうです。

さて、そんなXperia 1 IIですが、いくつか実機レビュー記事や動画は出てきているものの、まだその実力については未知数な部分が多いのもの事実。

そんな中、このXperia 1 IIについてちょっとした朗報がでてきました。

テストフィードバックによると、Xperia 1 IIのカメラアプリのレスポンス・動作スピードは大幅に改善した。連写の際も基本的な操作は問題ない。ただ、写真をすぐに開きたい場合はまだ遅延がある。

確かにどこかの動画レビューでもカメラアプリの動作がもたつくと言った報告を見かけたような気がしますが、最新のファームウェアではこういった問題が大きく改善されている、という事だと思われます。

なお、同氏は3月の時点でXperia 1 IIにはまだバッテリー消費問題があり「デバッグ中」という情報を投稿しており、どうやらXperiaのソフトウェア部門に何らかのソースを持っている模様。

この際にカメラ周りについても「チューニング中」としていましたが、おそらくこのチューニングがある程度完了してカメラ周りの動作がかなり改善した、ということだと思われます。

一方、カメラソフトの動作ではなくXperia 1 IIのカメラで撮影した写真についてですが、暗所撮影などではXperia 1と大きな変化はないという評価も。

また、「自然な色合いの写真」を目指しているためか、サンプル画像で他機種と比べて若干暗い、という批評があるのも事実です。

この辺についてはリリースまでに何らかのチューニングがされるのか、そのままなのかは不明です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました