LG VELVET、なぜかスナドラ845を搭載した2割安の4G「廉価版」が存在

スポンサーリンク

LGの最新モデル、LG VELVET

SD765Gを搭載した5G通信対応のミッドレンジですが、今のところ発売済みとなっているのは韓国だけですが、今後はヨーロッパでも展開される予定。

そんなLGの新型モデルにちょっと変わったバリエーションが存在することが判明した模様です。

GSMArenaが伝えたもので、これによるとこのLG VELVETにはSnapdragon 845を搭載した「廉価版」が存在するとのこと。

確かにこれを見る限りSDM845となっています。

Snapdragon 845は2世代前のハイエンド向けチップで、有名どころではGalaxy S9シリーズやXperia XZ2シリーズ、XZ3に搭載されていたチップ。

2年前のチップをわざわざ搭載する意図はよくわかりませんが、このSDM845搭載版LG VELVETは価格がSD765版よりも2割ほど安いとのこと。。

また、Snapdragon 845は旧型チップとは言え、ベンチマーク上の性能ではSD765Gよりも1~2割高め。

もちろん、5Gには非対応ですが、4G通信だけで問題ない、というユーザーにはそれなりに魅力的なのかもしれませんね。

コメント

  1. 名無し より:

    ミドル機には意地でも世代の古い6xx系しか搭載しない国内メーカーは見習うべき

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました