SD865搭載の新型Xperiaの詳細スペック表がリークか、かなり分厚くWiFi 802.11 axに対応 (噂)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年版の新型Xperiaフラッグシップ。

昨日、当サイトに寄せられた情報として、フラッグシップXperiaが4モデル、ミッドレンジ3~5モデルの合計7~9モデルがリリースされる可能性がある、という可能性ついてお伝えしました。

そして今回、MWC 2020されるXperia 1の後継モデルと思われる未発表モデルの「スペック表」がリークされた模様です。

「Xperia」とも「SONY」とも書かれていませんが、ヒントは「K9110」と「K9170」という型番

2019年の最初のフラッグシップ、Xperia 1の型番がJ91XX(シングルSIM版はJ81XX)でした。

よって、下二桁は不明ですが、従来のパターンからして2020年版の新型Xperiaフラッグシップ1号機がK91XXとなることはほぼ確実で、今回の「K9110」と「K9170」がそれに該当する機種という可能性は高いと思われます。

かなり文字が細かく見にくいのですが、スペックをまとめると:

・CPU: Snapdragon 865

・搭載OS:Android 10

・3840 x 1644 (4K)、HDR、OLED

・メモリ:8GB RAM

・ストレージ容量:128GB

・サイズ:176 x 72.1 x 9.2mm

・重量:187g

・バッテリー容量:4120mAh

・WiFi:802.11 a/b/g/n/ac/ax

ディスプレイ周りの仕様はXperia 1と全く同じ、でしょうか。

メモリは6GB→8GBに増量、ストレージ容量は据え置きの模様です。

なお、縦横のサイズはXperia 1と完全に同じ(横幅は0.1ミリずれ?)となっていますが、厚みが2ミリ増しており、これはかなり大きな変化。

次期Xperiaフラッグシップは5G通信対応が確実と言われていますが、その分バッテリー消費も増えることが予想されます。そのためにはバッテリー容量を増量するる必要があり、これが厚みアップの理由かもしれません。

また、細かい部分としては同モデルではWiFiが最新規格の802.11 axに対応するようです。

ちなみにこのスペック情報、なぜか一部がタイ語のようですが、ソニーモバイルの生産工場がすべてタイに移転したこととなにか関係があるのでしょうか。

なお今回の情報、私が見つけたのはWeibo上の投稿ですがタイ語での記述という点からしても、他に元ソースがある可能性も。
ただ、投稿自体がすでに削除されており、また同氏からの情報は当たり外れがあるようなので要注意です。

さらに、今回の情報は投稿者自身が「だれかこの情報の信頼性を確認できますか?」と聞いているくらいなので、本人もソースの信頼性が分からない、といった状態の模様。

よって二重の意味で信ぴょう性を疑った方が良い情報だとは思います。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました