【噂】ソニーのベゼルレス化技術「Micro Matrix」は次期Xperia 5 IIで実装、ただしベゼルは「太め」、カメラは「少なめ」

スポンサーリンク

ソニーの最新モデル、と言えば国内では5月中にドコモおよびauからリリース予定のXperia 1 II。

一方で、この小型モデルに相当する次期Xperia、通称「Xperia 5 II」への注目も徐々に高まっているという印象ですが、今のところは120Hzリフレッシュレートへの対応以外、これといった新機能についての情報はありません。

そんな中、このXperia 5 IIがデザイン面でXperia 1 IIから大きく変化する可能性がでてきました。

2か月ほど前、3月にWeibo上に投稿されていたソニーのmicro-matrix (マイクロ・マトリックス)という新技術の噂を覚えていいる方もいるのではないでしょうか。

要はフロントカメラのレンズを極小にして複眼にすることでベゼルではなくフレーム上に配置。これにより「ほぼベゼルレス化」をする、というもの。

今回、これについて新たにReddit上にスレッドが立っており、その中に興味深い投稿がありました。

これによると、この技術(Micro Matrix)は次期フラッグシップXperiaで採用されると聞いた。ただ、ベゼルはこの写真ほど細くはならず、カメラの数は少なくなる、とのこと。

昨年と同じパターンならば次期フラッグシップ=Xperia 5 II、ということに。

上の画像はあくまで非公式レンダリングですが、4つの小さなカメラが搭載されているように見えます。

ただ、実際にはベゼルはこれほど細くはならない、ということでカメラの数も4つ未満、という事だと思います。

一方、カメラが単眼なら「less」とは言わずそう書くような気もします。
よって、最低でもデュアル、多ければトリプルカメラとなる可能性もありそう。

ちなみにこのMicro Matrixという名称からもわかるように、これだと個々のカメラレンズが小さくなることは間違いなさそうなので、実際の画質はどうなるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました