Xperia 1 Tablet?、ソニーが新型Xperiaタブレット、11インチ/SD855搭載で6年ぶりにリリースか(噂)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型Xperia、と言えば国内でも4月末にリリースされるXperia 1 IIが注目の的。

しかし、2020年はソニーが久しぶりにタブレットモデルをリリースする可能性がでてきました。

これによると、ソニーは現在、新型のXperiaタブレットを開発中。

そしてそのスペックは:

・CPU: SD855

・ディスプレイ: 11インチ OLED、WQHD、90Hz”相当”

・メモリ:6GB

・バッテリー容量: 7000mAh

・リアカメラ:
12 MP, 26mm (広角), PDAF
8 MP, 52mm (望遠), PDAF, 2x optical zoom
8 MP, 16mm (超広角)

・指紋認証センサー

・防水

・4G通信

CPUが1世代前のSD855というのはちょっと気になります。

ただ、タブレットで1世代前のチップを使うというのケースは他メーカーでもあったような気がするので、それほどレアなことではないような。

なお、今回の情報はReddit上に投稿されていたものですが、元ソースはどこかの中国系サイトの模様。

ただ、ソースがハッキリしない以上、あくまで噂レベルの情報として受け取っておくことをお勧めします。

一方、ソニーがXperia Tabletをリリースしたのは2014年のXperia Z4 Tabletが最後。
つまり、もしこの新型Xperiaタブレットが本当にリリースされれば実に6年ぶり、ということになります。

ちなみにXperia XZ4 Tabletのディスプレイサイズは10.1インチで、それ以前のXperiaタブレットでもこれ以上のスクリーンサイズのものはありません。

よって、この新型Xperia Tabletが11インチならばXperiaタブレットとしては過去最大の画面サイズという事になります。

ただ、2014年のタブレットは(スマホもですが)まだベゼルが相当広い時代。
現在のベゼルレスの状況からすると11インチでも端末サイズはほとんど変わらないのではないかと思われます。

追記:どちらが先かは不明ですが、5ちゃんねる上にも日本語で全く同じ内容の新型Xperiaタブレット情報が投稿されていました。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました