Pixel 4に5Gモデルは存在せず、Google責任者「まだ買う時ではない」とコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日Googleが正式発表をした2019年版のGoogle純正スマートフォン、Pixel 4シリーズ

国内ではどうやらSIMフリー版とソフトバンク版のみでドコモからは少なくとも秋冬モデルとしてリリースされる予定はなし。

一方、このPixel 4シリーズについては正式発表前に5Gモデルの存在を示唆するベンチマークが発見。

これが8GB RAMを搭載し5Gに対応したPixel 4 XLのアップグレード版がリリースされる可能性の根拠となっていたのですが、今回、この噂が完全に否定されました。

9TO5GoogleがGoogleのプロダクトマネージメントのVP、Brian Rakowski氏からのコメントを伝えたもの。

It will get there, but now is not the right time to buy a 5G phone. Both from a deployment perspective—the coverage is not broadly available in enough places for enough users to benefit from it—[and] from a hardware and phone perspective—it’s still power-hungry [and] immature. There’s work to be done there. We’re tracking it closely and we’ll bring a phone out when we feel like it’s a good time for users, but now’s not the time.

5Gスマホはいずれはリリースするだろうが現在はまだ5Gスマートフォンを買う時期ではない、といったニュアンスで、理由としてはカバーエリアが不十分なことやハードウェア的にもバッテリー消費が激しすぎることをあげています。

来年はXperiaといったAndroidだけでなく、iPhoneの新モデルも5Gに対応する可能性もかなり高まっています。

ただ、今回の言い方だとPixel 4どころか来年のPixel 5でも5Gへの対応は微妙、という印象を受けます。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました