Galaxy S20シリーズ3モデルのバッテリー持ち比較、S10シリーズより向上か

サムスンが先週正式発表をして2020年前半の新型フラッグシップ、Galaxy S20シリーズ。

S20、S20+、S20 Ultraという3モデル構成で、いずれも5G通信に対応(S20、S20+には4Gモデルもあり)。

国内でも3モデルすべてがリリースされるかは不明ですが、少なくとも1~2モデルがドコモやauといったキャリアから展開されることは間違いないでしょう。

そんなGalaxy S20シリーズですが、今回phoneArenaがこれら3モデルのバッテリー持ちについての情報を掲載していました。

Galaxy S20シリーズのバッテリー持ち比較

 Galaxy S20Galaxy S20+Galaxy S20 Ultra
バッテリー容量4000mAh4500mAh5000mAh
通話28h34h37h
スタンバイ10日11日13日
スピーカー59h66h73h
イヤフォン79h102h111h

こちらはバッテリー容量とほぼ正比例しているという感じ。

Galaxy S10シリーズと比較してどう?

一方、気になる前モデル、Galaxy S10シリーズとの比較。

Galaxy S10シリーズGalaxy S20シリーズ
3100mAh (S10e)4000mAh (S20)
3400mAh (S10)
4100mAh (S10+)
4500mAh (S20+)
4300mAh (Note 10+ 5G)
5400mAh (S10 5G)
5000mAh (S20 Ultra)

バッテリー容量や端末サイズ、4G/5Gの対応・非対応の違いなどもあり、単純に比較することはできません。

ただ、一番「近い」と思われるGalaxy Noe 10+ 5G(4300mAh)とS20+(4500mAh)比較すると、Note 10+の通話時間は12時間、スタンバイは5日。

対するS20+は34時間/11日とのこと。

つまり、この2機種を比べる限りでは同じ5G通信対応でもGalaxy S20+の方が大幅にバッテリー持ちが良い、ということになります。スタンバイはを

また、Galaxy S20 (4000mAh)とGalaxy S10+ (4100mAh)でもスピーカーでの音楽再生時の時間がS20は59時間なのに対し、S10+は56時間とのこと。

ただ、スタンバイ時間に関してはS10+の方が優秀とのことで、これに関しては5Gモデムが関係している可能性もあるとのこと。

本体チップと独立したモデムチップを搭載搭載しているため、バッテリー持ちの懸念されたSD865ですが、前チップSD855搭載機よりも大きく電池持ちで劣る、ということはなさそうです。


コメント

  1. Q より:

    ギャラクシーs20の通話時間について
     ギャラクシーs10のAU版と比較した場合、やはり、s10の方が持ちが良いです。

     連続通話時間 約1,930分 つまり、約32時間 
     
     上記のギャラクシーs20は28時間ということで、s20は優秀かもしれませんが、やはり電池持ちは劣る
     可能性が高いと予想されます。

タイトルとURLをコピーしました