Galaxy S20/S20+に本当の意味での「望遠レンズ」は非搭載、光学ズームはたったの「1.06倍」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの新型Galaxyフラッグシップ、Galaxy S20シリーズの3モデル。

このうち、Galaxy S20およびGalaxy S20+については国内でもドコモからはSC-50AおよびSC-502、auからはSCG01、SCG02の型番で2020年春モデル、あるいは夏モデルとしてリリースされることが判明しています。

しかし今回、このS20およびS20+のカメラ仕様についてちょっと意外な事実が判明した模様です。

GIZMOCHINAが伝えたもの。

「望遠レンズ」非搭載の「望遠カメラ」?

ご覧のようにGalaxy S20のリアカメラ構成は:

・メイン/広角カメラ:12MP
・望遠カメラ:64MP
・超広角カメラ:12MP

となっており、S20+はこれに0.3MのToFセンサーが追加されています。

ところが、このS20/S20+に「望遠カメラ」として搭載されているカメラは実際には画角76°の広角カメラ、とのこと。

Galaxy S20 and Galaxy S20+’s “telephoto camera” in reality sports a wide-angle lens.

The “telephoto” lens is only capable of providing a 1.06 zoom compared to the regular camera. This means that the 3x “hybrid optic zoom” is actually almost entirely a digital crop.

一方、このGalaxy S20/S20+はスペック上では3倍のハイブリッドズームと最大30倍のデジタルズームとなっていますが、このハイブリッドズームのうち光学なのは1.06倍のみで、実際にはほとんどがデジタルズームとなっている模様。

つまり、このGalaxy S20/S20+は本当の意味での光学ズーム機能はほぼ皆無で望遠「カメラ」は搭載していても真の望遠「レンズ」は非搭載、ともいえそう。

ちなみに前モデルのGalaxy S10/S10+は光学2倍ズームを搭載していました。

ソース

コメント

  1. df より:

    今回のs20シリーズはパスですね。全てが中途半端。ウルトラもレンズが厚すぎる。電池持ちも心配。ハウェイを気にしすぎて焦りすぎたか?ギャラクシー絶頂期過ぎたかも。

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました