最新モデル、Xperia 5 IIIのベンチマークスコアが初スポット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日ソニーの最新フラッグシップ、Xperia 1 IIIと同時に「サプライズ」発表されたXperia 5 III

例年ならば秋に発売となるこの「コンパクトフラッグシップ」ですが、どうやら今年はXperia 1 IIIとほぼ同時期にリリースされる国・地域が多い模様。

一方、このXperia 5 IIIは国内ではまだキャリアからのリリース予定がなく、かといって国内向けSIMフリー版の発表などもありません。

そんな中、このXperia 5 IIIのベンチマークスコアがGeekbench上で初めて発見されました。

Xperia 5 IIIの型番がXQ-BQx2であることはすでに公式サイトなどから確認できるので、このXQ-BQ52が同モデルのグローバル版(SIMフリー版)であることは間違いありません。

スコアはマルチコアが約3600ポイントとなっており、SD888搭載機種としては平均的ですが、同じチップを搭載したGalaxy S21シリーズと比べると1割弱スコアが高くなっています

ちなみにXperia 1 IIIのメモリは12GB RAMですが、このXperia 5 IIIは8GB RAMで、両者の主な違いの一つ。

国内でもすでにドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアから6月に発売することが確定しているXperia 1 IIIについては先日、ソフトバンク版のA101SOや中国/香港版と思われるXQ-BC72のベンチマークスコアが発見されています。

ただ、今回のスコアを見る限りXperia 1 IIIとXperia 5 IIIで目立ったベンチマーク上の性能差はなさそうで、8GB RAMと12GB RAMとでこれといった違いはでなさそうです。

コメント

  1. arrows man より:

    RAM 8GBと12GBの違いを実感できるのは、スペックをフル活用するようなゲームや作業をする時位でしょうね
    普段使いでは寧ろRAM 6GBと8GBでも差は感じにくいと思います

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました