Galaxy Z Fold 3と Z Flip 2はフォルダブル初の防水・防水対応、バッテリー容量は減量

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの次の新型Galaxyモデル、と言えば7月のリリースが濃厚とされている2021年版フォルダブルスマートフォン、Galaxy Z Fold 3とGalaxy Z Flip 2 (もしくはFlip 3)。

まだレンダリング画像などもリークされておらずスペックについても不明な部分が大半のこれらフォルダブルですが、今回、一部仕様について前モデルからの地味ながらユーザーによっては大きな意味のある進化を遂げる可能性がでてきました。

GSMArenaが伝えたもので、これによるとGalaxy Z Fold 3およびGalaxy Flip 2の2モデルは防水・防塵対応となる、とのこと。

ただ、具体的にどういったIPレーティングになるのかは現時点では不明とのことです。

ちなみに既存のフォルダブルスマートフォンで防水・防塵に対応したモデルというのはありません。

これはおそらく開閉部があることが関係していそうですが、フォルダブルが今後普及するには他のレギュラーなスマートフォン同様の防水・防塵であることは一つの条件であるようにも思えます。

そういった意味でGalaxy Zシリーズの防水防塵対応は大きな一歩ではないでしょうか。

なお、Galaxy Z Fold 3についてはバッテリー情報も発見。

2,215mAh + 2,060mAhのデュアルバッテリーを搭載で合計のバッテリー容量は4275mAhとなります。

前モデルのGalaxy Z Fold 2のバッテリー容量は4,500 mAhだったので、これよりは若干減量、ということに。

ただ、一部ではこのGalaxy Z Fold 3は前モデルよりもディスプレイサイズが若干小さくなるという噂もあるので、このバッテリー減量は必ずしも電池持ちの悪化を示しているわけではないと思います。

最新モデル、Xperia 5 IIIのベンチマークスコアが初スポット
先日ソニーの最新フラッグシップ、Xperia 1 IIIと同時に「サプライズ」発表されたXperia 5 III。例年ならば秋に発売となるこの「コンパクトフラッグシップ」ですが、どうやら今年はXperia 1 IIIとほぼ...

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました