もう一つの2020年モデル向け「5Gスナドラ」、SD765Gの性能ってどうなの?ベンチマークが初発見

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クアルコムの最新チップ、と言えば何といっても先日発表されたSnapdragon 865。

2020年モデルの新型Xperiaフラッグシップ(仮名Xperia 1.1)やGalaxy S11シリーズ、そして国内だとAQUOS R4やその他複数のハイエンド夏モデルに搭載されることが確実な花形的存在のチップであることは間違いありません。

ただ、SD865と同時に発表された2020年モデル向けのチップとして忘れてはならないのでが、ミッドレンジ向けのもう一つのチップ、Snapdragon 765/765G

先進国でもミッドレンジモデルが主流になりつつある最近の傾向からして、2020年リリースの5G通信対応モデルとしてはこのSD765/765Gを搭載したモデルもかなり普及しそうな雰囲気です。

そんな中、初めてこのSnapdragon 765Gを搭載したモデルのベンチマークスコアが発見されました。

このPCRM00という型番はOppoの新型モデル、「Reno 3 Pro 5G」のもの

同機種の正式発表は今月末なのでまだ未発表機種ですが、リーク情報やTENNA通過情報などからSD765Gを搭載することがすでに明らかになっています。

スコアは約7800ポイントで参考までにSnapdragon 800番台の平均的なスコアと比較すると:

Snapdragon 865→13000~140000
Snapdragon 855→11000前後
Snapdragon 845→9000弱
Snapdragon 835→6000台後半

よって、ベンチマーク上の性能ではこのSnapdragon 765GはSD845とSD835の間くらい、といった感じです。

Snapdragon 765とSnapdragon 765Gの違い

Snapdragon 765のベンチマークスコアはまだ発見されていませんが、765Gとの違いはAdreno 620 GPUのクロックスピードで、20%程GPUの性能が高いと言われています。

ただ、ベンチマーク全体のスコア差は1割にも満たないと思われます。

Snapdragon 730Gとの性能差は?

以下は昨日国内でも発売されたSD730Gを搭載したXiaomi Mi Note 10のベンチマークスコア。

Xiaomi Mi Note 10 (SD730G)のベンチマークスコア

一応このチップがSD765Gの前身チップという感じだと思いますが、ベンチマークスコア上でのSD730GとSD765Gの性能差は1~2割程度、といったところでしょうか。

SD865よりも安定したチップとなるかも?

ちなみにこのSD765はSD865と比較して構造的に大きな違いがあります。

SD865はチップ本体に4G/5Gモデムチップが統合されておらず、4G・5Gいずれの通信をするにしても独立したモデムチップ、X55が必要となります。

一方のSD765/SD765GはX52という5G対応モデムチップが本体チップと統合されています。

先日以下の記事でお伝えしたように、このSD865についてはこの独立した通信モデムチップによるバッテリー消費への影響や発熱といった懸念があるようで、一部ではSnapdragon 810以来の駄作チップになるという可能性すら指摘されている状態。

もちろん、実際にSD865を搭載した製品版スマートフォンのレビューなどを見てみなければ何とも言えませんが、現時点では意外と「安全」で安定的な評価を受けるような気もします。

Snapdragon 765/765GはSD865と比べて若干開発・出荷予定が遅いようですが、おそらくSD865搭載機種の発表ラッシュが始まる頃にはこのSD765/Gを搭載したミッドレンジ機種も複数リリースされるものと思われます。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました