明日発表のXiaomi Mi 11 Ultraは2K@120Hz駆動、Waterproof Harman kardonスピーカー搭載へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

明日、3月29日に正式発表されるXiaomi Mi 11シリーズの上位モデル、Xiaomi Mi 11 ProおよびXiaomi Mi 11 Ultra。

Xiaomi Mi 11 Ultraについてはだいぶ前に実機画像がリークされ、裏面にセカンダリー画面を搭載したその個性的なデザインは国内でも結構話題となりました。

そんなXiaomi Mi 11 Ultraの一部スペックおよびポスターや公式レンダリング画像などが新たにリークされていました。

Xiaomi Mi 11 Ultraのポスター

ここにはXiaomi Mi 11 Pro”シリーズ”とありますが、画像はXiaomi Mi 11 Ultraのもののはず。
という事は、このXiaomi Mi 11 Ultraという機種名自体が正確なものではなく実際には「Pro」を冠した名称(Xiaomi Mi 11 Pro Ultraとか?)になる可能性もありそうです。

また、Twitter上の有名リーカーによると、このXiaomi Mi 11 UltraはIP68防水防塵でディスプレイ解像度は2Kで120Hzリフレッシュレートに対応とのこと。

また、バッテリーサイズは5000mAhでHarman Kardonのスピーカーを搭載する模様です。

一方、Xiaomi Mi 11 Proについては67Wのワイヤレス充電にも対応、とされています。

ワイヤレス充電で67Wというのは既存スマートフォンでは最速ではないかと思われます。

また、このXiaomi Mi 11 Ultra (Proもかもしれません)には「シリコン酸素アノード電池」というスマートフォンでは初めての新型バッテリーが搭載され、これによりバッテリーの小型が可能になったと言われています。

こう見ると、このXiaomi Mi 11 Pro/Ultraは搭載CPUが同じというだけで、昨年末に発表されすで発売済みのXiaomi Mi 11とは別シリーズの機種といった印象すら受けます。

新機能満載の至れり尽くせりのスペックとなりそうなこの新型モデル、価格もかなり高くなりそうですが非常に気になる存在です。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました